同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 赤紺に敗北喫し自力優勝消滅:ラグビー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
赤紺に敗北喫し自力優勝消滅:ラグビー部
2014/11/17 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーAリーグ第5戦・京産戦 (2014年11月15日)

11月15日、近鉄花園ラグビー場にて行われた関西大学ラグビーAリーグ第5戦・京産大戦。ここまで全勝続く両チームの激突は予想通り白熱。結果は27-29で京産大へと軍配があがった。



近鉄花園ラグビー場最後の関西大学ラグビーリーグとなったこの試合。来年度からは東大阪市の所有物となるため、名称が変更される。会場には沢山のラグビーファンが詰めかけ、メインスタンドは満員。全勝チーム同士の戦い熱戦を多くの観客が見守った。



全勝対決を前に高まる選手たち



風上を陣取る同志社のキックオフで迎えた前半。開始早々、自陣22メートル中央で同志社がペナルティを犯すと、京産大がPGを沈め0-3。今季初めて先制を許す。京産大は中盤ではハイパントを徹底。これに対し同志社は後手にまわり、自陣での戦いを余儀なくされる。それでも数少ないチャンスを物にし、9分には外に余ったWTB宮島がトライ。13分には相手スクラムからターンオーバーしたボールを素早く展開し、最後はWTB松井がトライ。立て続けにトライを奪い、すぐさま逆転に成功した。ゴールキックは2本共に決めることができず、得点を10-3とする。しかし、ペースはやはり京産大。同志社のミスに加え、使い所の上手いキックでエリアを拡大すると、ゴール前ではこれまたモールを徹底。また「2枚目の寄りが遅れてクリーンに出させてしまった」(岩村)と、京産大の攻撃にリズムを与えてしまう。すると25分、今大会注目選手WTB坂本にビックゲインを許すと、外に余った選手にボールを振られて被トライ(10-8)。33分にもトライを奪われると、再びリードを許す(10-15)。終了間際に宮島のPGで3点を返すも、2点ビハインドで前半を折り返した(13-15)。



この日3トライで殊勲の働きを見せた宮島



相手マークの厳しい中でもしっかりトライをあげた松井(右)



なんとしても先に1本が欲しい同志社。しかし、後半は京産大のビックプレーで幕を開けた。開始早々、またもハイパントからチャンスを作られ、簡単に自陣侵入を許すと、これを好機と見た敵SOが誰もいない同志社インゴールへとキックをあげる。そのまま走り込み自身で抑えてトライ。同志社は予想外のプレーに対応が遅れ、手痛い得点を許してしまった(13-22)。これで逆転には最低でも2本のトライが必要な状況に。9分には代わったばかりのSH大越と宮島のサインプレーでトライをあげ追いすがるも、13分にはまたも被トライ(20-29)。全勝優勝に暗雲が立ち込め始めた。そんな中31分、またも自陣でインゴールを背負う状況になると、焦りからかペナルティを繰り返してしまう。すると途中出場のFL野中に対してまさかのシンビンの宣告。残り時間限られた状況、2トライ以上取れなければ敗北という状況の中でのシンビンは同志社にとって大きな痛手となった。だが、この逆境に選手たちは奮起。ピンチを気迫でしのぐと流れは一変、同志社ペースへ。39分、ほとんど反則のなかった京産大にミスが生まれ始め、ゴール前でのペナルティキックを獲得。大越が素早くパスアウトし、最後は宮島がこの日3本目のトライ。ゴールも決めて得点は27-29。わずか2点差へと迫る。会場に告げられたロスタイムは1分。劇的な逆転劇へ会場のボルテージも高まる。京産大のキックオフはダイレクトタッチを切り、同志社はセンタースクラムを獲得。この時点で既に時計は41分を経過し、ミスが起これば即試合終了という状況に。諦めずに攻め続けた同志社。しかし健闘虚しく最後は同志社オフサイドの判定。鳴り響く終了の笛に選手たちはがっくりと肩を落とした。



京産自慢のモールもトライは奪わせなかったFW陣



全勝優勝を目指していただけにこの敗北は悔しいものとなった



「相手に自分たちのラグビーをされてしまったね」(山神監督)。結果として前半につけられた2点差を守りきられての敗北。キックをうまく使った戦い方に対応が遅れてしまったことが大きな敗因だ。いまだ京産大、関学大は全勝街道をひた走っている。これで自力優勝の可能性は消滅。それでも残り2戦連勝すればまだまだ関西優勝に望みはある。次戦も大一番・関学大戦。この日の屈辱を晴らすには再び強い同志社を証明する他ない。(樋向健太郎)



☆コメント

山神監督

やりたいことをやられてしまった。ミスも少ない素晴らしいラグビーだった。ただ取りに行って取れたことは収穫。2人目のサポートなど今日出た課題はもう一回修正して乗り越えないと。これで終わったわけではない。

PR 北川賢吾

やりたいことが出来ずに終わった。レフリーが合わなかったこともあるがそれはしょうがない。優勝目指して関学・立命とやっていく。タフな試合になると思う。ペナルティを減らせばそれだけでも結果は変わると思う。焦らずに練習で精度を上げていきたい。

HO 東 大樹

前半ディフェンスが多かったのが厳しかった。オフェンスできれば点を取れていたので。相手のキックを受けてしまった。ラインアウトに関しては良いボールも何本かあったし、少しずつ良くなってきている。それでも上のチームとやるときは一つのミスが命取りになるので100パーセントのボールを出したい。

PR 才田 智

最後ペナルティで終わってあと1本取りきれなかったことが同志社の弱さかなと。あと2つ勝てば優勝もまだある。とりあえず次の関学は負けたくない相手なので関学だけには絶対勝ちたい。

LO 山田 有樹

相手のしたいラグビーを受けてしまった。タックルも受けてしまった。

向こうは徹底してハイパントを蹴ってきていて、蹴ってくると分かっていたが対応できなかった。修正して次につなげたい。また自身のオフサイドなど要所でのペナルティが痛かった。負けはしょうがない。切り替えて関学戦に照準を合わせてやっていきたい。

LO 森山 雄

前半、相手ペースでDFの時間も長かった。強みのスクラムも、レフリーが悪いというわけではないが、相手のペナルティだと思ったところも自分たちに笛がなったりして流れに乗れなかった。自力優勝はなくなったが、相手どうこうじゃない。自分たちのプレーしてきっちり勝って大学選手権に繋げたい。

FL 土井 祐紀

試合前から、京産大の戦い方は分かっていた。ハイパント多用は分かっていたが、キャッチでのミスが多かった。相手にそこを起点に攻められた。相手に自陣まで攻められたらFW、裏からもBKが来て、戸惑った。相手の戦い方を早めに見極めていかないといけない。最後はPGでも勝てた試合だっただけに悔しい。関学、立命と続くが一つ一つしっかり戦っていきたい。

FL 田淵 慎理

キックの使い方がうまかった。チームとしてキックの使い方に統一感があった。同志社はそれに対してどうするかの徹底がなかった。ただモールでは取られる気はしなかった。敗北を悲観することはないし、これから修正していきたい。

NO8 末永 健雄

最初にペナルティから失点してしまったし、その後も相手のハイパンからこっちがミスしてを繰り返して自陣にくぎ付けにされてしまった。DFで受けにまわるのが多かったのが苦しくなった要因。またSHが持ち出すことによってプレッシャーをかけづらくなってあまり前に出られなかった。その結果差し込まれて、後手後手に回ってしまった。

SH 岩村 昂太

ハイパントは想定していたが、受けてしまって前半はしんどかった。敵陣に入れたらトライは取れたが、なかなか敵陣に入れなかった。ディフェンスのセットが遅れたときにトライをとられていたので修正していきたい。

SO 垣内 悠輔

攻めたら良いアタックを出来ていたのにペナルティがあったりしてはまらなかった。攻めているのにオブストラクションやパスミスなど、小さなところが重なった。ディフェンスも悪いかったわけではないが簡単なトライを許してしまったのが大きかった。今日の反省と収穫を活かして立て直せるか。次も負けたら意味がない。ここで乗り越えられるかが見せどころ。

WTB 宮島 裕之  

今日はDFが良く見えていたし、ランも良かった。何より取りたいところで取り切れたのが良かった。キッカーは垣内がケガ明けで蹴れないということで自分が務めさせてもらった。ただ最初の2本を外したのが痛かった。久しぶりのキッカーだし試合の入りということもあってちょっと落ち着きが無かったのだと思う。結果的にあれで負けてしまったんで、キッカーとして責任を感じる。

CTB 木村 洋紀

しっかり京産が強いという意識で臨んだ。けど京産は自分たちのラグビーをしてきた。反対に同志社はミスから自陣に入られて、スコアを重ねられてしまった。後半の最初に失点も大きかった。油断してたわけではないのでしょうがないが、試合の流れとしてこの失点は大きかった。次は絶対に負けられない。今日は残念だけど、自分たちがチャレンジャーということが改めてわかった。修正して次に臨む。

CTB 石田 幹太

相手が全勝でのってることは知ってたので大事な一戦、覚悟決めていた。関西優勝のために絶対勝たなければいけない試合だった。もっと前に出てDFをしないといけなかった。食い込まれているところがあったので前で止めないといけない。個人的には積極的にボールをもらって前にでれたのでよかった。まだ終わったわけじゃない。同志社らしいラグビーで残り試合全勝したい。

WTB 松井 千士

全勝優勝が目標だった。力になれなくて申し訳なかった。京産も勢いのあるチームで、呑まれてしまった。止めれなかった。向こうディフェンスを抜く場面は多かったが、アタックの時間が向こうは長くて後手に回ってしまった。またしんどくなったところで同志社はペナルティが増えてしまっていた。それが弱さだと思う。ここでどれだけ自分たちでミスしないか、というのが次の試合で生きてくると思う。関学も全勝している。次勝たないと、優勝がなくなる。しっかり立て直して、次にいきたい。

FB 﨑口 銀二郎  

最初ペナルティを取られたけど、すぐ切り替えていいかたちでトライを取れたのは良かった。けどディフェンスで受けた部分があって、相手のペースに合わせてしまった。しっかりもっと一人一人が前にかえせるようなタックルをすることで、ディフェンスはいい形を作れると思う。次はもう絶対に負けられないので、しっかり一週間調整して、次からは勝っていきたい。

HO 中尾 湧馬

(途中交代だったが)監督の指示は特になかった。ディフェンスの時間が長かったし、京産の流れだったので、流れを変えるつもりで試合に入った。最近、HOにコンバートしたが、まだまだ課題が多い。その中でも、セットプレーの安定、体を強くしなければならない。

FL 野中 翔平

シンビンはその時間帯、同志社のペナルティが続いていて、最後の自分オフサイドが取られてしまったから。チームへのペナルティとして最後にオフサイドした自分がシンビンの処分を受けたと思う。全勝優勝ができなくなったのは残念。だが、長い目で見れば関西はあくまで過程。日本一に向けて、前を向いていきたい。

SH 大越 元気

力の差はなかったが、勝ちたい気持ちは向こうの方が上だった。つめの甘さ。ルーズボールにしても、ハイパントにしてもすべてが京産にはまっていた。DFでは受けているところがあるし同志社は狭いサイドのDFが弱く、今日もそこは狙われていた。SHとしては、内側から早くDFをセットさせて、前に出させることをやっていきたい。

FB 小林 健太郎

やっぱりAリーグとなると先輩の雰囲気もそうだし、何より会場の雰囲気が違うと感じた。とりあえず雰囲気にのまれないように心掛けた。ゲインは自分の持ち味だし前に出ろという指示だった。相手がばてていたのもあるけど、ある程度はゲインを切れたと思う。ただその後に上手くつなげなかったのが悔やまれる。



1 北川賢吾(スポ4) 

2 東 大樹(スポ3) 

3 才田 智(社3) 

4 山田 有樹(社2) 

5 森山 雄(商4) 

6 土井 祐紀(社4) 

⑦ 田淵 慎理(社4) 

8 末永 健雄(社2) 

9 岩村 昂太(スポ3) 

10 垣内 悠輔(商4) 

11 宮島 裕之(スポ4)  

12 木村 洋紀(法4) 

13 石田 幹太(商2) 

14 松井 千士(スポ2) 

15 﨑口 銀二郎(経2) 

16 中尾 湧馬(社2) 

17 海士 広大(商2) 

18 長坂 宗一郎(法4) 

19 秦 啓祐(心理2) 

20 野中 翔平(スポ1) 

21 大越 元気(商2) 

22 髙井 勇貴(スポ1) 

23 小林 健太郎(経2)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について