同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 国立への夢、潰える:ラグビー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
国立への夢、潰える:ラグビー部
2013/12/15 HEAD LINE NEWS

全国大学ラグビーフットボール選手権大会 (2013年12月15日)

12月15日、近鉄花園ラグビー場(大阪府)にて行われた全国大学ラグビーフットボール選手権大会セカンドステージ第2戦対流経大戦。同志社は26-34で敗れ、セカンドステージ敗退が決定。国立への夢は断たれた。

 

 

第1戦で筑波大に敗れたため、ファイナルステージ進出へは勝利が最低条件。さらには「(勝ち点にポイント加算される)4トライを取ろう」(山神監督)。悲願の国立への希望を枯らさないためにも、絶対に負けられない一戦が幕を開けた。

 

 

入りから気迫に満ち溢れたプレーを見せる同志社。開始2分、すばやいDFから得たPGをWTB宮島が沈め先制点を挙げる(3-0)。前節と同じ形で先手を取ったが、同志社は得点後も崩れない。パントをチャージされるなどヒヤリとする場面もあるも、FB藤本副将らがしっかりとカバーし、ボールの息も長い。8分にはオーバースローのヤンボールラインアウトをHO秋山主将が拾い、CTB林が中央で反則を獲得。そのPGを再び宮島が決め加点する(6-0)。しかし、関東リーグ戦王者・流経大もただでは引き下がらない。規格外のフィジカルを持つ二人の外国人選手が本領を発揮し始める。一人、二人では簡単に倒れないトラックのようなパワーを前に、同志社も懸命にDFするがゲインラインを切られていく。12分には流経大・FLリサレを接点で止められず右サイドに余られ1点差に(6-5)。それでも3分後にはマイボールスクラムからクリーンに9-12とつなぎ、中央のギャップをついたCTB林が相手DFの間を抜けトライ(11-5)。その後も外国人を中心に反撃を試みる流経大だが、「止めれない相手じゃない」(NO8西林)。数と粘りのDFで同志社の流れを譲らない。27分には逆転を許すが(11-12)、FB藤本やWTB松井の好タックルでラインを押し上げる。前半終了間際の37分には、HO秋山やNO8西林らがゴール前でポイントを作り、最後はNO8西林がラックサイドからピックゴーでインゴールへ(16-12)。再度逆転に成功するが、直後のコンバージョンで相手がキッカーの宮島に対し過度なプレス。関西では考えられないような荒さに「相手に惑わされたらダメ」(FB藤本)としながらも、どこか釈然としない気持ちを抱えながら後半戦を迎える。

 

 

序盤2本のPGを決めたWTB宮島も過度なチャージに苦しんだ

 

 

今日もCTB林は中央で存在感を見せ、トライもマーク

 


前半を終えて1トライ差も、「今年のベストゲーム」(HO秋山)。さらに引き離したい同志社は3分、マイボールラインアウトから中央へとポイントを作り、最後はSH大越がインゴールへ手を伸ばし大学初トライ(21-12)。しかしその直後には流経大にPGのチャンスを与える。このキックは外れ事なきを得るが、その次のプレーで相手のFBのカットに裏を取られ失点(21-19)。さらに11分にはヤンボールラインアウトの見事なサインプレーに反応できずまたも逆転を許す(21-26)。その2分後にもショットを決められ(21-29)、一挙逆境に陥った同志社。自分たちのミスから相手に得点の機会を与えてしまい、「流れ乗れないときに多く失点してしまった」(PR才田)。そんな中でも26分にはマイボールくスラムからNO8西林が密集を制し、この日2本目のトライで3点差に詰め寄る(26-29)。これでポイント加算になる4トライは達成したが、「相手の反則みたいなチャージがあったとはいえ、キッカーの一人としては責任を感じる」(WTB宮島)。キッカーへの激しいプレッシャーの中、コンバージョンが決まらず、思うように得点が伸びない。25分にはPGで同点のチャンスを得るも失敗。「難しさはあった」(山神監督)。残り時間も約10分。なんとしてもトライがほしい同志社は、Aチーム初出場のNO8秦を投入するなどアタックの活性化を図る。しかし相手もブレイクダウンの激しさや運動量が落ちずあと一歩インゴールまで届かない。逆に38分には、この日散々苦しめられたFLリサレにとどめを刺され万事休す(26-34)。日本一への夢は露へと消えた。

 

 

大学初トライを決めたSH大越は「さばきが悪く、よいテンポを作れなかった」と反省しきり 

 

 

 

さすがのコンタクトの強さで2トライを奪ったNO8西林

 

 

「紙一重のところでだと思う」(山神監督)。内容では相手を上回りながらも、細部でのほんの少しの差に泣いた同志社。この敗戦でもって秋山組の挑戦も残り1試合となってしまった。「下級生に何か残せるようなプレーが出来たら」(FB藤本)。次のステージへの挑戦権がなくなったとしても決して消化試合ではない。来年につなげるため、そして秋山組の集大成としての大切な一戦。この1年の思いのすべてを日大相手にぶつけたい。(佐藤弘毅)

 

 


☆コメント☆
山神監督
前回はタフさでやられたので修正して臨めたが、ターンオーバーなどで回しきれないところがあった。DFでは外国人と8番を止めるということだったが、向こうのほうが経験値も高く、紙一重のところ。これが今の力なのかなと思います。攻めきるところは攻めきって80分間タフに戦うこと。(日大戦では)同志社のやってきたことを出せるようなゲームにしたい。

HO秋山主将
強みを出せた中でも、流れに乗りきれなかった。コンタクトへの寄りが後半遅くなり、フィジカルの強いところでやられてしまった。しかし全体的には今年のベストゲームで、負けたけどやりきった感はある。もちろん悔しいけど。ラスト一戦もう一回チームを作って臨みたい。

PR才田
接点で圧力を受けて球出しが遅れたことは反省。オーバーしきれなかった。流れに乗れていない時間の失点が多かった。外国人選手にゲインされることが多かったが、それを止めないと関東には勝てない。最後は4年生と最高のラグビーがしたい。

FL田淵
入りよく先制もできたが、後半ブレイクダウンで受けに回って反則を与えてしまった。激しいゲームだったので、前半から体力的にきつい部分もあったが、練習の成果を出せていた。力の差は感じなかったが、勝つ試合を経験している向こうからしたら付け入る隙があったのかも。

NO8西林
負ける相手ではなかった。自分たちのプレーは通用したのに。気持ちが切れたときにしょうもないミスが多かった。外国人選手も強かったが止めれない相手じゃない。自分含めみんなもう少し頑張れたかなと思う。勝って気持ちよく4年生を終わらせてあげたい。

SH大越
前半にキックチャージされて以降、動きとしてはよくなかった。さばきもよくなくて、そこからいいテンポを作ることができなかった。チームに合わせつつ、さばきから頑張りっていきたい。最後は笑顔で終われるように、一つずつ修正して臨む。

WTB宮島
(ショットのとき)ケガをさすように相手が突っ込んできたが、キッカーとしての責任は感じている。そういうシチュエーションもあると対策をしておけたら。相手の挑発には乗りたくなかったし、内容的には勝っていた。最後は同志社のラグビーは正しいことを見せたい。

CTB林
相手の圧力で大事なところで球出しが遅れたり、ミスが出て最後まで取りきれなかったのは残念だが、個人としては前に出てアタックできた。DFでも前から止めれたが外国人選手に対してはそれができなかった。次は勝ちにこだわってやりたい。

FB藤本副将
ちょっと取られすぎ、もっとやれたはず。ブレイクダウンを徹底してしめきれなかったし、練習と違って手だけでDFに行ってしまった。相手に惑わされたらダメ。ノーパニックでやりたかった。(最後に向けて)まずは選手権1勝。下級生になにか残せるプレーが出来たら。

 

 

 

1北川賢吾(スポ3)
②秋山哲平(スポ4)
3才田智(社2)
4山田有樹(社1)
5森山雄(商3)
6田淵慎理(社3)
7末永健雄(社1)
8西林宏祐(経4)
9大越元気(商1)
10長井一史(理工4)
11宮島裕之(スポ3)
12木村洋紀(法3)
13林真太郎(商2)
14松井千士(スポ1)
15藤本貴也(法4) 
17鳴海力哉(文4)
18海士広大(商1)
19秦啓祐(心理1)
20清水巴(商4)  
23廣瀬哲馬(法4)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について