同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関大に苦戦も後半に地力:ラグビー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
関大に苦戦も後半に地力:ラグビー部
2013/11/19 HEAD LINE NEWS

関西大学Aリーグ (2013年11月16日)

11月16日、西京極球技場(京都府)にて行われた関西大学Aリーグ第6節対関西大戦。同志社は41-14で勝利し、通算戦績を5勝1敗とした。

 

 

リーグ戦も残すところあと2節。前節で選手権の出場権は得たが、数少ない実践の場として一戦一戦を大切に戦いたいところ。この日迎えるのは、31年ぶりにAリーグに復帰した未知の相手・関大だ。

 

 

序盤から同志社が関大を圧倒するかと思われたが、「相手の勢いに飲まれてしまった」(FB藤本副将)。関大の鋭いタックルが次々と刺さり、思うように敵陣へ入れない。ケガから復帰のFL田淵が中央を破るなどチャンスは作るも、度々ターンオーバー(TO)されてしまう。14分には、BKラインの裏に絶妙なボールを蹴りこまれると、前へ前へと出てくる関大のアタックを止め切れずまさかの先制を許す(0-7)。失点後もなかなか自分たちのラグビーを出せない同志社。それでも前半の半分を消化し、徐々に地力を発揮し始める。21分にはSO渡邉のPGで追撃(3-7)。直後のキックオフから差し込まれるも、オーバースローになったヤンボールラインアウト(LO)をHO秋山主将がカバーしTO。「悪くない、悪くない」と山神監督の激も紺グレの背中を押す。そして27分にはTOから9-10-13と順目に展開。WTB宮島が2試合連続のトライを決め、逆転に成功する(8-7)。その後も同志社は攻勢をかけるもハンドリングエラーなど簡易なミスが目立ち、突き放すには至らず。わずか1点差で前半を折り返した。

 

 

WTB宮島の2試合連続トライで逆転。

 


後半開始早々、またもキックから失点(8-14)。再びリードを許す展開も、「ボールキープをしていこう」(WTB宮島)。点で止めに来る相手に対しまずはFWでポイントを作り、半歩ずらしながらゲインをはかる戦法にシフト。するとそれが功を奏し、同志社らしいラグビーが見えはじめる。10分にはFL末永が密集で粘り、ラックからFL田淵が抜け出して逆転(15-14)。その3分後にもWTB松井からのオフロードパスを受けたLO山田がサイドラインを駆け抜け突き放す(22-14)。足が止まった関大を同志社はFW戦と運動量で圧倒。20分にはFL末永がピックゴーから一気にブレイク。その後も接点にかみ続けた末永が、自らインゴールに押し込みトライ認定(27-14)、ダブルスコアとする。その後も途中出場のPR海士がポイントを作るなど、ルーキーの活躍でアタックを活性化。FB藤本も大きなモーションで後方から陣地を押し上げる。32分にはSO渡邉がうまくタッチに出し、ゴール前スクラムからNO8西林がトライ(37-14)。同志社はWTB崎口、SH清鶴らフレッシュな選手を次々と投入。ロスタイムには今季リーグ戦初出場のSH清鶴のアシストをHO秋山が沈め、試合を締めくくる。結果、41-14で快勝し地力の差を見せつけた。

 

 

ケガから復帰の中央・FL田淵が加点。頼れる男が帰ってきた

 

WTB松井のアシストでLO山田がリーグ初トライ。常翔学園出身のルーキーコンビで結果を残した

 

 

前半こそ関大のDFに苦戦したが、途中から修正し5連勝を飾った同志社。これで2位以上を確定させ、最終節の立命館vs天理大の結果次第では優勝の可能性もある。しかし「棚ぼたの優勝よりも、昨年6位から自力で2位になったことが重要」(山神監督)と、あくまで自分たちのラグビーを貫く覚悟だ。最終節の相手は強固なフィジカルを誇る大体大。FW戦が予想されるが、同志社のストロングポイントを出し切り選手権へとつながるよい締めくくりとしたい。(佐藤弘毅)

 

 

FB藤本副将はDFと後方からのランニングでチームに貢献

 

今季初めて紺グレに袖を通したSH清鶴。「あきらなくてよかった」

 

 

 

☆コメント☆
山神監督
前半は真上面から止められたので、後半はアジリティでずらして、二人目がラックからピックゴーで前に出るように修正した。今年のFWは圧力をかけるだけでなく動きもよいし、負けない戦い方ができたと思う。(最終節の結果次第では優勝もあるが)昨年は6位のチーム。棚ぼたで優勝を狙うよりは、自力で2位を確定させたことの方が重要。

堂守コーチ
うちの入りが悪かったというよりも、関大の入り方がよかった。プレッシャーをしっかりかけているので、セットプレーは安心して見ることができた。ブレイクダウンでも練習の成果を出せている。前半と戦い方を変えてもしっかり対応できていたので成長してきたと感じる。

PR北川
相手は速いランナーがいてFWは弱いので、スクラムから圧をかけて崩していこうと思っていた。自分たちのペナルティでミスが多く、相手の試合運びに合わせてしまった。先制されてしまったがコンタクトが強いとも感じなかったし、自分たちのラグビーをやればいけると思った。

HO秋山主将
改善点の多い試合だった。相手の準備がよく、80分間通して自分たちのプレーをできなかった。今後強い相手と当たっていく中で、厳しい流れをどう変えていくかが大切。(個人的には)アタックでもっとボールをもらうタメを作れたらよかったが、セットプレーは安定していたし満足。

PR才田
今日も先制トライを取られてしまったが、特に焦ることもなく全然いけると思った。今年はかなり練習もやってきたので、そういう面での自信が出てきた。大体大戦は向こうもフィジカルが強いしFW戦になる。でも僕たちが頑張れがBKがしっかり取ってくれるはずなので勝てると思う。

LO山田
関大に対して気が抜けていたという訳ではなく、相手がどうこうというよりは自分たちのミスで流れがつかめなかった。相手は近場が弱かったので、FWで攻めてからBKに回るようにしてからはアタックも機能するようになった。リーグ戦初トライはやっぱりうれしい。松井がうまくボールをつないでくれた。

FL田淵
練習とリハビリを並行してギリギリの状態だったのが、最後までいけてよかった。(FLは)春からやりたいと思っていたし、西林さんも復帰したので今日はそこで出ることになった。関西はニアで攻めるチームが多いのでその練習はしているし、ゲインさえされなければトライも取れるし絶対に勝てる。
FL末永
前半は相手が前から出てきて嫌な感じで、外に回す前につぶされてしまった。後半は自分強みである近場でプレーでき、スクラムでもプレッシャーをかけることができた。トライの場面ではゴールが見えていたのであとは置くだけだったが、みんなが繋いでくれたのをとれてよかった。

NO8西林
きつい時間もあったがどんな試合でも絶対に我慢の時間は来る。そこの我慢比べに勝てるかが大切。後半は縦に走れていたし、セットプレーでもプレッシャーをかけてしっかり動けていた。試合中に改善ができたので、後につながるゲームにはなったと思う。自分の強みをいかしてトライを取れた。

SH大越
関大DFの流し方が上手く、接点の激しさや前へ出るタックルがあったので相手のプレーに付き合って苦戦してしまった。FWをいかしながら、BKに返せるようなアタックをできればよかった。自分たちのプレーをしようと話して修正できた後半はだいぶさばきやすくなった。

SO渡邉
初めて対戦する相手にもしっかりゲームメイクをしたかった。相手の流してくるDFに対応できずに攻めていながら点を取れなかった。後半は縦だけじゃなくFWやピックを使って相手が寄ってくるように心がけた。(次戦は)今日の前半みたいに相手の術中にはまらないようにしたい。

WTB宮島
対策してきた形とは逆のプレーをされて、相手の土俵でやってしまった。「思うようにいかない試合もあるし我慢しようと」と、外への攻めやシザースを絡めるようにした。(トライの場面では)外につないで点をとるという形が出せた。「やってやろう」と思ってる人にチャンスはくるし、今日はもっと取れたはず。

CTB林
相手は気持ちを前面に押し出してくるので自分たちからしっかり体を当てていこうと思っており、後半はそれができた。関大DFが思った以上に前へ前へと上がってきて最初は押されてしまった。個人的には前にゲインできる場面が結構あったし、周りをいかすプレーをしていきたい。

WTB松井
後半からは僕らのサイドにもボールが来ていい形でやれた。連続トライを周りからは「止めないでくれ」と言われていたが、自分的には考えていなかった。また取れるように切り替えていきたい。(山田へのアシストは)自分で抜けれたがこけそうになったので、後ろにいた山田にうまくつなげた。

FB藤本副将
向こうは負けたら入れ替え戦。最初からガンガンきていて、こっちは精度の高くないプレーをしてしまった。まずはボールキープを徹底して後半からは修正できた。FWにゴール前で助けてもらったしBKとしては課題の残る内容。大体大はFWが重いので、FWを楽にさせるためにもBKで外に回していけたら。

SH清鶴
久しぶりの試合で緊張したが、「楽しんだ者勝ち」と声をかけてもらって楽しもうと思えた。相手の足も止まっていたしFW頑張ってくれたのでやりやすかった。試合に出れてうれしかった。あきらめなくてよかった。

 

 


1北川賢吾(スポ3)
②秋山哲平(スポ4)
3才田智(社2)
4山田有樹(社1)
5冨田賢司(法4)
6田淵慎理(社3)
7末永健雄(社1)
8西林宏祐(経4)
9大越元気(商1)
10渡邉夏燦(社2)
11宮島裕之(スポ3)
12木村洋紀(法3)
13林真太郎(商2)
14松井千士(スポ1)
15藤本貴也(法4)
17三宅一平(法3)
18海士広大(商1)
19森山雄(商3)
20清水巴(商4)
21清鶴勘太(商4)
22長井一史(理工4)
23﨑口銀二朗(経1)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について