同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 京都リーグ2日目、立命大に惜敗:バドミントン部
京都府大会
主将セレクション 「馬術部」
’18春の展望 「ラクロス...
投打がかみ合い京大に先勝
強敵相手に健闘
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
京都リーグ2日目、立命大に惜敗:バドミントン部
2018/04/15 HEAD LINE NEWS

平成30年度京都府知事杯争奪京都学生バドミントンリーグ戦大会 (2018年4月8日)

48日、京都産業大学にて、平成30年度京都府知事杯争奪京都学生バドミントンリーグ戦大会が行われた。2日目のこの日は立命大と対戦し、惜しくも2-3で敗れた。4年生のみのメンバー構成で臨んだ1日目とは打って変わって、この日は1年生ルーキーがリーグ戦に初めて出場した。


1シングルスに臨んだ藤田(文情3)は、0-2で敗れた。1ゲーム目は序盤から5点差をつけられ、追う展開に。力強い球で攻め追い上げを見せるも、前半で開いた点差を埋めることはできなかった。「前半から走り出せるようにしたい」。(藤田)チームの流れを作ろうと最後まで諦めずに戦ったが、ゲームの立ち上がりに課題を残した。


シャトルを捉える藤田(文情3)



2シングルスは、1年生ルーキーの大屋(商1)がコートに立った。大屋は、1年生らしいエネルギッシュなプレーで応援席を湧かせた。軽いフットワークで11球に食らいつき、スコアを重ねた。しかし、スマッシュやプッシュが浮いてアウトになるミスが目立ち、0-2で敗れた。「初めてのリーグ戦だったので、雰囲気もあんまりわからなくて、高校と全然違う雰囲気の中でだいぶ緊張していました」。(大屋)1年生の中でも一足先にリーグ戦デビューを果たした大屋。勝利はならなかったが、大学の試合の雰囲気を掴んだようだ。


スマッシュを打つ大屋(商1)



全体0-2でもう後がない同志社だったが、ダブルスは好調だった。第1ダブルスに出場したのは、藤田・岩永(商3)組。相手の隙を狙い着実にスコアを重ね、2ゲームを先取した。3年生同士のペアの安定感で相手を圧倒した。第2ダブルスには、大屋・伊藤(スポ1)組が出場した。伊藤にとっては初めてのリーグ戦で緊張もあったようだが、2人で声を出し気持ちを盛り上げた。早めのタッチで返球し流れを引き寄せ、1ゲームも落とさず勝利した。


笑顔でハイタッチをする岩永(左=商3)と藤田(文情3)




ラリーを返す大屋(右=商1)と伊藤(スポ1)



2-2で迎えた第3シングルス。コートに立ったのは、主将岩永だった。2ゲームともに、前半はリードを保つも、後半はスマッシュが決まらず連続得点を許してしまう。「自分からのミスが多かった。」と振り返り、怪我からの完全復活とはならなかった。


シャトルを打つ直前の岩永(商3)



白熱する応援席



この日は2人の1年生が活躍し、チームを勢いづけた。リーグ戦は残り3日。今後の1年生の活躍に期待が高まる。(藤岡亜里沙)


◯試合結果詳細

S1 藤田★0(17-21,18-21)2

S2 大屋★0(17-21,18-21)2

D1 藤田・岩永☆2(21-19,21-15)0

D2 大屋・伊藤(スポ1)☆2(21-19,21-16)0

S3 岩永★0(19-21,15-21)2

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について