同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 全日本選抜、無念の結果に:相撲部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
全日本選抜、無念の結果に:相撲部
2017/07/22 HEAD LINE NEWS

全日本大学選抜相撲金沢大会 (2017年7月16日)

7月16日に石川県卯辰山相撲場で行われた全日本選抜相撲金沢大会。団体予選は0勝2得点で16位予選敗退と、無念にも最下位で終わった。個人戦は2回戦進出が最高位と結果は振るわなかった。



およそ2ヵ月ぶりに行われる全国大会。全国の舞台ではなかなか結果が残せない中で、前回個人ベスト16輝いたこともあり結果が期待された。またこの間、選手たちは社会人を含め様々な相手と取組を行ってきた。その経験と、2か月間の稽古の成果が望まれた大会だった。

団体予戦2回戦までのメンバーは先鋒トゥルトクトホ(社2)、二陣高橋(法4)、中堅田中(法2)、副将猿渡(社4)、大将北村裕(社3)。3回戦は副将を猿渡から竹林(スポ2)に交代して臨んだ。


団体予選第1回戦、対戦する相手は強豪東洋大学。団体戦だけでなく、個人戦でも全国優勝を重ねる相手だ。先鋒、二陣を落とし厳しい展開となる。中堅田中は一度相手を土俵際まで追い込むも攻めきれず、寄り倒しで星を奪われる。副将猿渡も体格の差を埋められずに敗北した。続く大将北村裕は幾度か攻められる場面があったものの相手を突き出し、初金星を挙げた。1-4で敗北したものの、格上相手から星を奪った。

団体予選2回戦は西の王者、近畿大学。力の差を見せつけられ、一つも星を奪うことができずに0-5で敗北した。



 

東洋大から星を奪った北村裕



団体予選3回戦は早稲田大学。予選最後の試合、一つでも勝利を挙げたいところ。先鋒トゥルトクトホは相手を土俵際で押し切れず、寄り切られ敗北。続く二陣高橋、後ろのために星を取りたいところ。相手を突き落としで破り、後に繋げた。しかし中堅、副将、大将が続けずに1-4で敗北した。「勝てる試合を落としてしまった」と高橋は振り返った。

結果、団体予選は02得点で第16位となった。「(先鋒・二陣の)先の2つを取らないと試合は厳しくなる。前が責任を持っていかないといけない」(高橋)と課題が見えた。

 

続く個人戦は猿渡、竹林、高橋、田中が2回戦進出を果たすも、東の壁は厚く同志社勢はここで姿を消した。



 

相手のまわしを取るトゥルトクトホ

 


(強豪校と)一番違うのは、気持ちの持ってだと思う。普段の稽古から試合を意識していかないと」(高橋)と、西日本大会と同様に部員の意識が課題の一つになっている。次に臨むのは西日本個人体重別大会、個々の力が試される。目指すは西日本優勝。選手たちは、勝利に執着した一番を見せてくれるだろう。(中村有希)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について