同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 帰ってきたリーグ戦の舞台 初戦を快勝で終える:ラクロス部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
2019年度秋季リーグ開幕...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
帰ってきたリーグ戦の舞台 初戦を快勝で終える:ラクロス部
2019/08/25 HEAD LINE NEWS

関西学生ラクロスリーグ戦(男子) (2019年8月18日)

818日に同志社大学京田辺キャンパスラグビー場にて行われた関西学生ラクロスリーグ戦第1節。大産大に13-3で勝利を収め、開幕初戦を白星で飾った。



2年間の出場停止期間を終え、ようやくリーグ戦の舞台に戻ってきた。今回の試合は、同大にとって重要な意味を持つものとなった。たくさんの観客が見守る中、開始した第1Q。開始早々、淺中(法4)が先制点を決め、会場を沸かせる。開始4分には藤本亮(法4)が右サイドからの1on1を成功させた。開始8分では、またも淺中がゴール前でフェイントシュートを決めた。さらにその3分後にも淺中が得点開始12分では、素早いパス展開からの矢野(法4)がカットインを成功させ、一気に5-0となった。試合終了間際に自陣ゴール前左サイドから1on1で得点されるが、5-1で大きくリードをつけ第1Qを終了した。


1on1をしかける矢野



2Qもその勢いが止まることはなかった。開始2分、ゴール前で矢野が力強いショットを決める。ここで雷により1時間試合が中断となった。異例の事態が起こったにも関わらず、選手たちが動揺を見せることはなかった。再開始早々、淺中が得点。開始4分、高田(経4)が右サイドから得点。開始5分では、小橋川(商4)がF.Oを取ってそのままランシューで得点を決めた。また第2Q終盤にも高田が正面からジャンプシュートで得点。再開始後に大量得点し、10-1で第2Qが終了した。


DFを振り切る淺中

ゴール前でパスを回す藤本亮



誰もが同大の「勝利」を確信した。しかし第3Qでは、前半と打って変わり、ポゼッションが互角になる。開始3分、先に得点したのは大産大だった。まさかの場面で失点を許し、チーム内に不穏な空気が流れる。焦りが先行し、シュートが決まらない時間が続いた。開始11分にはさらに追加点を献上し、10-3となる。第3Qは苦しい展開となった。



4Qでは、積極的に巻き返しを図った。開始早々、淺中が今試合5得点目を決める。また開始8分で堂元(生命4)が、その2分後にも鳥羽(政策3)が得点し、13-3となった。個々人の得点力の強さによって、見事13-3という圧倒的な得点差で、3部リーグ開幕初戦を白星で飾った。


裏ワンの機会をうかがう#28鳥羽と#34地附(スポ3)

パスを出す地附



近藤(政策4)・加山(経4)という2人の得点源が不在の中、大量得点を実現することができた今回の試合。しかしこの結果に対し、試合後淺中は「3部圧勝という目標には程遠い」と話した。客観的に見れば満足と言える試合結果だが、彼らの追い求める理想には届かなかったようだ。他大学との試合で培ってきた経験を糧に、さらなる高みを目指す。(小野真央)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について