同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 3年生チームで勝利掴む:ラクロス部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
3年生チームで勝利掴む:ラクロス部
2018/07/12 HEAD LINE NEWS

関関同立定期戦 (2018年6月3日)

63日、立命館大学びわこくさつキャンパス(滋賀県)にて、関関同立定期戦が行われた。

1戦目は対関西大。この定期戦には毎年、4年生が就職活動を行なっている間、3年生を中心にしてチーム作りをして挑む。


2点目を決めた福地



試合開始直後、#55元雄(経2)、#14福地(経2)ら2年生の2人が点を決め、チームを勢いづける。11分には1年生ルーキーでもある#11井田(心理1)が初試合初ゴールと堂々の活躍を見せつけ、試合の流れを完全に掴んだ。3年生チームリーダーでもある#2竹本(スポ3)は、「この試合で勝たなければ、目標の日本一にはなれないので、自分は去年以上に頑張らないといけないと思いながらプレーしました」。この言葉通り、フリーシュートをカットし、安定したセーブで、確実にゴールを止めた。

16分には、井田と同じく1年生の#21石井(スポ1)もゴール。前半最後に#8大西(社4)のグラボーでボールを奪い、#44森(スポ2)にパスして華麗に6点目を決めた。


ルーキーにも選ばれた井田



後半1分、早速井田がリズム良くゴールし、同志社の進撃は誰にも止められないと誰もが感じた。だが5分以降、両者の攻防が続き、試合は硬直状態となった。前半とは打って変わり、相手ボールの時間が長くなり流れも次第に関大側へ。#45田中(心理3)が試合終了間際に1点決めるも、8-5で試合を終えた。


(左)3年生チームの副キャプテン#3長瀬(法3)・(右)主将、#30吉田(文4)



下級生が積極的なプレーを見せ、上級生がサポートするという、今試合で一番求められているプレーを前半では完璧に成し遂げた同志社。「下から押し上げるように、先輩に頼るだけじゃ無く自分たちも積極的にプレーしたい」と井田は試合後語った。

新入生が入部し2ヶ月が経たずして、チームの土台の強さを見せつけた。夏のリーグ開幕戦で再び関西大と対戦する。次戦にも期待したい。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について