同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ初戦は白星ならず[ハンドボール部男子]:ハンドボール部
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
創部初!インカレベスト8!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リーグ初戦は白星ならず[ハンドボール部男子]:ハンドボール部
2018/04/13 HEAD LINE NEWS

関西学生ハンドボール春季リーグ戦 (2018年4月7日)

4月7日に開幕した関西学生ハンドボール春季リーグ戦(於・田辺中央体育館[京都府])。オープニングゲームとなった同志社と大経大の一戦は25-31で敗れ、開幕は黒星スタートとなった。



試合前、円陣を組む選手たち



前半、序盤からペースは同志社にあった。谷口(経4)のシュートで先制すると、その後も続けて3点を奪い、いきなり4-0と大きくリード。「勢いに乗っていけた」と主将村瀬(心理4)も納得の立ち上がりを見せた。昨年は序盤に失点しリードされる場面が目立っただけに、昨チームからの変化を証明した。しかし中盤以降は点の取り合いとなった。同志社もエース尾川(経3)が5得点を奪い、勢いを与えたが、大経大も得点を重ね、前半終了間際に13-13の同点に追いつかれた。



先制のシュートを放つ谷口



4年生の入学以来、大経大に勝ち星のない同志社。「絶対に勝とうと話していた(村瀬)」。運命の後半が始まった。14点目を先に取ったのは大経大。同2分、同志社も木村優(商2)のシュートですぐに追いつき、後半も接戦になると思われた。しかし同10分には15-18になり、点差を徐々に広げられる。守備にかける時間が増え、攻め込まれる場面が目立った。勝ちたい思いは焦りへと変わり始めた。気づけばディフェンスの幅が広がり、詰めようとしたところをフィジカル負けした。退場者が増え、数的不利の状況から、さらに点を決められた。20分以降、必死に攻め込んだが、最後までリードを奪うことはできなかった。



木村優は8得点の活躍を見せた



黒星スタートとなったが、前半の立ち上がりの良さを見せるなど、よさも見えた。今回見えた課題はディフェンス面。「得点力がない分、ディフェンスをしっかりできるチームに(村瀬)」。今年の目指すチーム像を追い求めて、次戦での勝利を狙う。(森戸尚毅)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について