同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大きな1勝:ハンドボール部
関西大学ラグビーJr.リーグ
魅せた!同志社の底力!(関...
リーグ後半戦3連敗で5位フ...
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
大きな1勝:ハンドボール部
2017/09/07 HEAD LINE NEWS

関西学生ハンドボール秋季リーグ (2017年9月3日)

9月3日関西福祉科学大学(大阪府)にて行われた関西学生ハンドボール秋季リーグ第3戦。関学大と対戦した同志社は29―26で接戦を制し、今季2勝目を挙げた。



シュートを放つ大野



関学大は昨季2位に輝き、同志社も16―31で完敗したチーム。格上と言ってもおかしくない相手だった。同志社はエース重岡(スポ4)のシュートで先制するも、序盤は互いに守備陣の堅い守りを破ることができず、なかなか得点が入らない。しかし、キーパー首藤がPTをはじめ多くのシュートをセーブするにつれ徐々に流れが同志社へと傾き始めた。重岡のシュートで点数を重ねると、相手の退場による数的優位も生かし、終盤には大野(法3)が2得点。ロースコアに持ち込み、12―8で前半を終えた。



前半の12点中、重岡は8点を決めた


主将高橋がMVP級の活躍と語ったキーパー首藤



後半も同志社の優位で試合が進んだ。昨日の天理大戦同様、守備の安定した同大に関学大も焦りが出始める。その隙を突き攻撃の手を緩めなかった同志社はさらに点数を広げる。味方の応援も後押しし、後半は17点を決めた。終盤、重岡、高橋(商4)の4年生コンビが続けて退場となったが、試合に出ていた谷口(経3)、尾川(経2)ら下級生が落ち着いて処理。首藤のセーブも最後まで光り、関学大の猛攻を耐え抜いた。29―26。関学大が主力選手を欠いていたとはいえ、春の大敗から雪辱を果たした。チーム全員でつかんだ大きな1勝だった。



得点に喜ぶベンチ


(森戸尚毅)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について