同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 悔しい逆転負け:ハンドボール部
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
春季リーグ最終戦、白星を飾...
名門・近大にまさかの0-9...
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
悔しい逆転負け:ハンドボール部
2017/04/18 HEAD LINE NEWS

平成29年度関西学生ハンドボール春季リーグ (2017年4月15日)

4月15日、太陽が丘体育館(京都府)で行われた関西学生ハンドボール春季リーグ第2戦。大体大と対戦した同志社は18-26で敗れ、リーグ戦対戦成績を2戦 0勝 2敗とした。前半途中までリードし、同志社のペースで試合を進めていただけに悔しい逆転負けとなってしまった。


先週の対関学大戦、試合の入りが悪いことを反省し、試合の序盤をターニングポイントに挙げていた。ところがその出だしを相手に狙われ失点。そのまま流れをつかむことができず敗戦した。この1週間でどれだけ変わることができたのか。この日は修正力が問われる試合となった。



先制点を挙げた山田(社4)



開始1分30秒、大体大に先制されるも、その後PT(ペナルティスロー)を獲得し同点に追いつく。するとここから同志社の攻撃が始まった。「試合の入り方について口うるさくいってきた。(高橋・商4)」と主将の言葉にチームが鼓舞。速いパス回しから幾度も相手ゴールを脅かした。気が付けば開始15分で8-5、重岡(スポ4)や大野(法3)のゴールで完全に試合のペースをつかんでいた。


ところが前半の中盤以降、同志社の足が止まり始める。横一列に並び、選手間を狭くする守備体系に途中で変えた大体大に対し、なかなかボールを回すことができない。攻め手がなくなり、オフェンス力が低下してしまった。

それに伴い大体大が得点を入れ始める。4点連続で得点を取られるなど、リズムを崩し9-12とビハインドで前半を終えた。



相手と競り合う重岡(スポ4)



後半も、試合開始早々のような勢いを取り戻すことができない。じわじわと点差を広げられ18-26で試合終了となった。「いい入りをして、勝てた試合だった(高橋)」。悔しさを滲ませた選手たちだが、次戦に向け希望の見える試合となった。重岡らエースだけでなく、大野のデフェンスや新1年生木村(商1)の活躍など様々な選手がチームとして機能している。来週戦うのは昨季惜敗した大経大。雪辱を果たし、今季初勝利を手にしたい。(森戸尚毅)


《個人得点表》

重岡晃介(# 4) 6点

山田雄太(#20)6点

武田侑也(# 7) 3点

大野拓海(# 9) 2点

安藤圭亮(# 3) 1点

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について