同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 春季王者をストレートで下す!:バレーボール部
目指すは頂点!
「男子ソフトボール部・仲田勝」
接戦制し、関西大会出場決定...
昨年王者に一歩及ばず[サッ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
春季王者をストレートで下す!:バレーボール部
2019/09/29 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ戦 (2019年9月28日)

9月28日に大阪体育大学で関西大学バレーボール連盟男子1部秋季リーグ戦第6節が行われた。同志社は龍谷大を相手にストレート勝ち。上位リーグの成績を1勝0敗とした。

両者順当にスパイクを決めていった立ち上がり。拮抗した試合を予感させたが、伴(商1)がジャンプサーブで相手のレセプションを崩すと、ブロック3枚でシャットアウト(6-4)。早きも同志社が流れに乗る。対する龍谷大はトスとスパイカーの息が合わない場面が多く、チャンスを献上する場面が目立った。中盤で3連続得点を許すも(18-17)、梅原(心3)はセンターを積極的に使う強気の姿勢を貫き第一セットを25-22で先取した。


効果的に決まった本圖(心3)のCクイック


第2セットは同志社が圧倒。開幕戦から意識してきたサーブで相手を乱し、相手に好きな攻撃をさせなかった。藤谷(理工4)のノータッチエースなどで勢いに拍車がかかった同志社は連続得点を繰り返す。最後は金光(商4)が得意のブロックアウトで得点。9点差で第2セットを終えた(25-16)。


サーブで崩し、攻撃パターンを絞らせた


第3セット序盤は龍谷第がリード。3点差をつけられた(3-6)。だがここで同志社が怒涛の6連続得点(9-6)。突き放しにかかる。3点差のまま終盤を迎え、同志社が先に20点台に乗った(20-17)。すかさず梅原、金光(商4)が平行攻撃で得点し、点差を開く。ここから相手のミスが続き、最後は伴のスパイクで試合終了。同志社が春季リーグ覇者に大金星を挙げた。


勝利し、整列に向かう同志社


全体的に動きが良かった今日の試合。守備面ではブロックが効果的に機能し、攻撃面ではトスを散らし相手に的を絞らせなかった。「良い流れが多かったので、これを悪い時に出来るようにしたい」(梅原)。幸先の良いスタートを切った同志社。残りの4戦もチームバレーで勝ち上がる。(中川海太)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について