同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > フルセットの末、逃した勝利:バレーボール部
関西大学ラグビーAリーグ
開幕4連勝で流れに乗る
リーグ戦10勝目!
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
フルセットの末、逃した勝利:バレーボール部
2018/05/13 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ (2018年5月12日)

5月12日に京都産業大学にて関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ戦第8節が行われた。大体大を相手にセットカウント2-3で敗れ、通算成績は2勝6敗となった。



第1セット、同志社が流れを掴むのに成功した。四点連続で得点を決め、大体大はたまらずタイムアウトをとる。(4-0)同志社が5点差をつけ10点代に突入。ここからミスが連発し同点に追いつかれた。取っては取られてを繰り返し、試合は終盤へ。(18-18)ピンチサーバーの藤田(社会4)がサービスエースを決めた。勝利へ大きく近づく一点となった。本圖(心理2)、藤谷(理工3)が攻めのスパイクで相手を崩し濵田(商4)がとどめをさした。25-23で第1セットを獲得した。


サーブを打つ藤田


活躍を見せた藤谷


森(商4)のパワフルなスパイクから始まった第2セット。またも、ペースは同志社だった。2点とって1点返される状況が続く。(10-5)藤谷のナイスカバーも飛び出し、チーム一丸となって得点を積んだ。濵田の鋭いスパイクが輝き、25-15と差をつけて第2セットを勝ち取った。セットカウントは2-0。


バックアタックを打つ濱田


第3セット、森のスパイクから始まった。稲葉(4)がツーアタックで意表をつく。(2-1)しかし濵田のスパイクミスが続き、五点連続で相手に得点を許した。同志社がタイムアウトをとる。タイムアウト後の一発目、濵田がスパイクを決め、切り替えを見せた。(3-6)しかしその後もミスが重なり、気づけば7点差。(12-19)点差を縮められないまま相手が20点代に入る。焦れば焦るほどミスが出てしまう。六点連続で同志社のミス。そのまま相手は25点にたどり着いた。(13-25)セットカウントは2-1。


常に大体大を追いかける形が続いた第4セット。藤谷が圧倒的に活躍しチームを引っ張る。しかし自分たちのミスを止めれず差が開いていった。(10-17)同志社はなんとか追い上げようとタイムアウトをとるが、流れを変えることは出来なかった。最後はスパイクを叩きつけられ、このセットを逃した。(16-25)セットカウントは2-2。


お互いが絶対に譲れない第5セットが始まった。序盤、コートの雰囲気は第4セットを引きずっていた。4点差をつけられ、同志社は見かねてタイムアウト。これが役割を果たし、稲葉のスパイクを筆頭に選手たちに活気が戻る。梅原(心理3)の技ありのプレイも飛び出し同点へ。(7-7)横に並んだものの同志社のミスがなかなか減らなかった。踏ん張りを見せれず三点差で試合終了。フルセットの末、大体大に敗北した。(12-15)


先週に引き続きフルセットでの敗戦となった。「同志社の甘さが出た」(西田)。連日の試合で実力面をあげるのは難しい。気持ちの面をいかに強く長く持てるかにかかっている。今日迎える相手は関学大。負けを引きずらず新しい気持ちで戦いに挑む。(竹山麗奈)


5月6日に行われた甲南大の試合についてーー。

①25-22

②18-25

③21-25

④31-29

⑤10-15

セットカウント2-3で甲南大に敗れた。


主将・西田「先週の試合は1セット目、相手が調子悪くてこっちもいい流れがきてたんですけど、2、3と悪い流れが続いてしまった。フルセットで最後勝ち切ることが出来ないのが甘さだと思う。練習だったり気持ちの作り方が足りていないところだと思うのでそこをまた明日フルセットになる可能性があるので集中していきたい。」



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について