同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 開幕戦、悔しい黒星:バレーボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
開幕戦、悔しい黒星:バレーボール部
2017/04/18 HEAD LINE NEWS

関西学生バレーボール男子春季リーグ (2017年4月15日)


415日、近畿大学記念会館(大阪府)にて行われた、関西学生バレーボール男子春季リーグ第1節。同志社は近大と対戦し、セットカウント0-3で黒星発進となった。



初戦は昨年の秋季リーグで優勝を果たした強豪・近大。上位入賞を目指す今年、意味のある試合が求められる。



緊張の中での試合前の整列



1セット、相手のスパイクで1点目を先制されるも、すぐに濱田雄人(3)のスパイクで取り返した。しかし、序盤から流れは近大にあった。強烈なスパイクで2点目を落とすと、そのまま8点連続失点。気づけば大きな差がひらいていた。そのままお互いに得点を繰り返し、その差はなかなか縮まらない。流れが変わったのは試合中盤、濱田のスパイクから4点連続得点。15-18にまで追いついた。その後も均衡した試合が続くが、22-25で第1セットは終了した。



続く第2セットは、同志社が1点目を先制するも。3-2から4点連続失点。中盤、リベロの森健太郎(3)がボールを繋ぎ濱田がブロックで得点、梅原拓麿(心理2)がサービスエースを決めた。連続得点で流れを掴みかけたが、相手の攻撃が波を断ち切った。最後までリードすることはなく20-25で第2セットも落とした。



サーブを打つ梅原


ボールに構える森(写真右)



3セット、後のない同志社。序盤からお互いに得点を重ねていった。相手のミスが目立ち始めたが、試合を自分たちのものにすることはできなかった。17-25でセットを落とし、セットカウント0-3で試合終了。初戦を白星で飾ることは叶わなかった。



開幕戦でストレート負けを喫した同志社。この負けは決して無駄なものではない。「1部相手に通用するところはいっぱいあった。」コートの外からチームを分析する主将・東森は話す。



「成長期」の彼らはリーグの間にどこまで強くなれるのか。戦いはまだ始まったばかりだ。勝利を目指して彼らは走り出した。(於保いちこ 副島和奏)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について