同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 一歩遠のいた、全国への道:軟式野球部
第96回関西学生サッカーリ...
関学大にまさかの敗退
完全優勝でインカレ出場権を得る
月1座談会 第6弾「幹部が...
選手コメント
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
一歩遠のいた、全国への道:軟式野球部
2018/04/17 HEAD LINE NEWS
同志社010020000
立命大25000000×

関西六大学軟式野球春季リーグ (2018年4月17日)

4月17日、豊中ローズ野球場で行われた関西六大学軟式野球春季リーグ第6戦。リーグ後半戦の初戦、宿敵・立命を相手に3-7で敗れた。リーグ途中成績は4勝2敗となった。


先発は、同立戦で完封勝利を果たした木崎(商2)。今回も立命打線を封じ込めてくれる、と期待がかかっていた。コントロールに不安があると自身でも言っていた木崎は、四死球で一死一、二塁と追い込まれる。迎えた4番バッターにタイムリー二塁打を放たれ、1点追加された。さらに、押し出しで1点を追加され、初回から立命大のペースにのまれた。


先発を務めた木崎(商2)


少し不穏な雰囲気で迎えた2回表、先頭打者・和田(経済3)が初球をレフトへ打ち抜いた。俺に任せろと言わんばかりの清々しい当たりだった。続いて三輪(文情3)がセンターへ打球を運び、相手守備が打球処理に手間取る間に和田が生還。

2回ウラ、なかなかコントロールが定まらず、押し出しで追加点を許す。木崎に代わり、田川(商3)がマウンドに上がったものの、流れは止めることは出来なかった。5点を追加され、厳しい状況となった。


生還して仲間とタッチする和田(経済3)


ヒットを放ち、塁に出る三輪(文情3)


6点を追う5回表、山本(スポ健3)と松井(商3)が続々とヒットを放ち、塁に出た。ここでバッターは絶好調の4番・松本(商3)だ。チャンスをものにし、センター前にタイムリーヒットを放つ。さらに、相手ピッチャーのボークで1点を追加した。流れをつかんだように思えた同志社だったが、4点の差は大きかった。追加点をあげることが出来ず、3-7で試合が終了した。


全国進出を目標に掲げてきた同志社にとって、今日の敗北は大きな痛手となった。全国への切符を手にするには、立命大があと1敗することが必要だ。「ここからずるずるいくような弱い組織にはしたくない。(松井)」同志社にできることは、残りの4戦を全て勝つこと。可能性はゼロではない。きっと、同志社の熱き思いが全国へと導いてくれる。(竹山麗奈)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について