同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 春関5日目 関大相手に苦しむ:テニス部
全日本学生RCS第4戦白馬...
’18ルーキー特集「サッカ...
'18ルーキー特...
快挙!関西ランカー輩出!
全国大会3位!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
春関5日目 関大相手に苦しむ:テニス部
2018/05/25 HEAD LINE NEWS

平成30年度関西学生春季テニストーナメント / 5日目 (2018年5月25日)

5月25日に靱テニスセンター(大阪府)にて平成30年度関西学生春季テニストーナメント5日目が行われた。本日は男子ダブルス準々決勝、女子シングルス準々決勝、女子ダブルス準々決勝が行われた。同志社からは男子ダブルスに石島(商4)・岩田(商4)組、中山(スポ4)・大窪(法2)組、女子シングルスに大塚(商2)、女子ダブルスに大塚・伊藤(スポ1)が出場した。


まずは、女子エースの大塚のシングルス準々決勝から始まった。相手は第2シードの沈(関大)。序盤からゲームの主導権は相手にあった。大塚得意のバックハンドで相手を追い込むも、カウンターを受ける。ファーストセットはG0-6と1ゲームを奪うのも容易ではなかった。セカンドセットでは巻き返しを図るも、相手のペースに飲み込まれる。第4ゲームでは流れを引き寄せ、キープしたかった。しかし相手にブレイクを許す。セカンドセットもG0-6で落とし、結果ストレート負けを喫した。「最初から向こうがミスをせず、最終的に走らされてミスしてしまった。」と振り返った。インカレ本戦への出場が確定している大塚。「インカレは去年1回戦で負けたので、今年は関東の相手にちゃんと自分のテニスが出来るように頑張ります。」と意気込んだ。春関は惜しくもベスト8で幕も閉じたが、インカレでの更なる活躍に期待が高まる。


ベスト8入りを果たした大塚(商2)


続いて昨日劇的な勝利を収めた石島・岩田組。第4シードの平川・山中(関大)組との対戦だった。ファーストセット、ワンブレイクダウンでG1-4まで差をつけられ苦しい展開となる。第6ゲームでは粘り強さを見せ、12回ものデュースにもつれ込んだ。だが、ブレイクを許しG1-6でファーストセットを奪われる。何としても取り返したいセカンドセット。仲間の声援に応えるかのように第1ゲーム目を先取。その後G1-2と再びリードを許すが、相手のミスにも助けられ第4ゲームでブレイクに成功。続く第5ゲームでもキープに成功しG3-2とひっくり返す。 しかし相手もそう簡単に譲らない。ゲームは均衡していき、ゲームカウントはG5-5に。相手の鋭いエースが決まり第11ゲームを奪われると、最後はイージーミスが目立ちG5-7で試合は終了。セカンドセットでは多くのチャンスがあったものの、敗北となった。「昨日みたいに勝負どころで取れなかった。」と石島は気持ちで取りに行けなかった事を悔やんだ。「相手が前で動いてたのが気になって、リターンがしにくかったのが敗因。」(岩田)ラストイヤーとしての意地を見せ、明日の試合では勝利を掴みたい。


ガッツポーズを見せる岩田(商4)


ラストイヤーの2人 左:石島(商4)右:岩田


ベスト4入りをかけて中山・大窪組が関大の山尾・大野組に挑んだ。試合の展開は想像もつかない方向へ流れた。第1ゲーム大窪のサーブで始まるも、いきなりのブレイクを許す。先行きが不安の出だしであった。しかし波は終始関大ペアを後押ししていた。中山のサーブもキープすることができず、ファーストセットは20分も経たないうちにG0-6に。手も足も出なかった。切り替えて挑みたいセカンドセット。相手の勢いは止まらない。またもや第1ゲームでブレイクを許す。相手のサービスゲームでも1本を返すも、前衛に引っかかる。「相手のサービスエースで流れを与えてしまった。」(大窪)お互いミスが多く、いつも通りの実力を発揮できないまま、1ゲームも掴めず、G0-6と試合を終えた。「サーブとリターンの確率が悪かった。」と中山が語るようにファーストサーブの確率が5割を切っていた。そしてサーブが入ったとしても、ポイント取得率は2割以下。得意であるサービスゲームをキープできなかった結果を受け止めた。しかし2人の戦いはまだ終わらない。明日の一戦を勝ち抜けば、インカレ本戦が決まる。今日の反省点を踏まえ、明日での勝利に希望を託す。


ハイタッチを交わす2人 左:大窪(法2)右:中山(スポ4)


昨日快勝を収めた大塚・伊藤組は、第3シードの大野・越野(関大)組に挑んだ。本日も抜群のコンビネーションを見せ、ファーストセットをG6-4で奪取。「芽生さん(大塚)が後ろにいてくれるので、安心してプレーできた。」(伊藤)このまま逃げ切るかと思われたセカンドセット。G3-2の局面から相手の追い上げに苦しむ。4ゲーム連取を止めれず、ゲームカウントは3-6。勝負の行方はスーパータイブレークへ。2ポイントを先取されるも、すかさず取り返す。終始リードを許すが必死に食らいついた。しかし、4-5から5ポイントを連取を許し、結果は4-10と逆転負けを喫した。「ファーストセットは良いテンポでポイントを取れた。セカンドセットは3-1でゲーム取られて向こうに流れがいった。決めきるのはちゃんと決めきらないといけないと思った。」(大塚)


常に笑顔の大塚(左)と伊藤(右)(スポ1)


本日は全試合が関大との対戦で、全て敗戦と悔しい結果となってしまった。明日は石島・岩田組、中山・大窪組、大塚・伊藤組のインカレ選考が行われる。本日の悔しさを晴らし、明日は再び全勝を目指す。(鈴木葉、川田翼)


【5月25日 / 5日目 結果一覧】

〈男子ダブルス準々決勝〉

石島(商4)・岩田(商4)組× 1-6,5-7 ⚪︎平川・山中(関大)

中山(スポ4)・大窪(法2)組 × 0-6,0-6 ⚪︎山尾・大野組


〈女子シングルス準々決勝〉

大塚(商2)× 0-6,0-6 ⚪︎沈(関大)


〈女子ダブルス準々決勝〉

大塚(商2)・伊藤(スポ1)組× 6-4,4-6,4-10 ⚪︎越野・大野組


【インカレ出場選手】

男子シングルスインカレ予選 中山(スポ4)、大窪(法2)

男子ダブルスインカレ予選 石島(商4)・岩田(商4)組、中山(スポ4)・大窪(法2)組

女子シングルスインカレ本戦 大塚(商2)

女子シングルスインカレ予選 池内(七)(社3)、中谷(スポ2)

女子ダブルスインカレ予選 大塚(商2)・伊藤(スポ1)組


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について