同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 見せろ「底力」――リーグ戦開幕:テニス部
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
見せろ「底力」――リーグ戦開幕:テニス部
2017/09/05 HEAD LINE NEWS

関西大学対抗テニスリーグ戦女子1部リーグ第1戦 (2017年9月5日)

9月3日に行われた関西学生テニス選手権大会女子1部リーグ第1戦対園田学園女大。D(ダブルス)0‐2、S(シングルス)1-2の合計1-4で敗れ、開幕黒星となった。


試合前の円陣。いよいよリーグが幕を開ける。


去年、ギリギリの1部残留を成し遂げた同志社。今年は2部から上がってきた大教大もタレントぞろいで侮れない。昨年以上に厳しいリーグ戦になることが予想される。同志社は3年生以下の若いチームで臨む。全員が全力を尽くして勝利を―――。


ダブルスにはD1に池内(七)(社2)・大塚(商1)組、D2に釜江(スポ3)・比嘉(スポ2)組が起用された。D1は渡邊・小池組と対戦。関西優勝の実績を持つ強豪ペアだ。第1セットはタイブレークにもつれ込む熱戦を演じるも、第2セットは1ゲームも許してもらえずにストレート負けとなった。「積極的にコーチに入れず、ここに出れていたらというところで前に出れなかった。先輩としてペアを引っ張れなかった」(池内)。しかし、第1セットの内容は今後にとって希望を与えるものであった。D2は第2セット、G1-4からG4-5まで追い上げるも反撃はそこまで。ダブルス0-2と厳しいスタートとなってしまった。



D1池内(七)(左)、大塚組



ポインチが決まりガッツポーズを作る比嘉


全勝以外、勝ちがない状況になった同志社。シングルスは夏関4強のS1大塚、昨年残留の立役者となったS2池内(七)、S3には経験豊富な川合という布陣で挑んだ。S3川合はG1-3から3ゲーム連取するも、逆にG4-3から3ゲーム連取され第1セットを落とす。第2セットは地力の差が出て敗戦。同志社の負けが決定した。


S2池内(七)は渡邊と対戦。「0で負けるよりは次に繋げて」と臨んだ。第1セットを圧倒するも逆に第2セットは相手に圧倒されてしまう。第3セットは本来の力を取り戻してG6-1でしっかりと勝利をおさめ一矢報いた。「私が一番勝てる相手だったというのもあって途中焦りも出てしまった」(池内)。


一矢報いる勝利を挙げた池内


1年生ながらS1を努める大塚は関西ランキング2位の小池と対戦。必死に食らいつくも、G6-2 6-2で強敵を前に屈した。

結果1-4で敗北となり、黒星スタートとなってしまった。厳しい戦いはまだ始まったばかり。「実力以上のそこ時からを見せないと勝てない」(池内七)。次に迎えるのは関大戦だ。優勝候補である関大にどこまで食らいつけるか――。底力を見せろ。(山口佳菜子)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について