同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > チーム一丸徹底できず...下位チームに下剋上許す:卓球部
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
チーム一丸徹底できず...下位チームに下剋上許す:卓球部
2017/09/14 HEAD LINE NEWS

平成29年度秋季関西学生卓球リーグ (2017年9月7日)

9月7日、横大路運動公園体育館(京都府)で行われた平成29年度秋季関西学生卓球リーグ2日目。同志社は昨季6位の大阪経済法科大と対戦し、1-4で敗戦した。


壮絶な打ち合いの末、エースが敗れた。1番手で主将・西田(スポ4)が登場した。序盤から持ち前のフォアハンドを中心に、積極的に攻勢に出た。第1セットは強気のスマッシュをみせて11-4で先取した。続く第2セット、第3セットはフォアハンド主体の戦法を読まれ、連取された。「両ハンドでいければよかった」(西田)。戦法変更で第4セットを奪うも第2、3セットの痛手は大きく、第5セットで力尽きた。



フォアハンドで打ち返す西田



流れを断ち切れなかった。ベンチから飛び出したのは、松田(スポ2)だ。ダブルスでは初戦の天理大戦で勝利している。「シングルスは自信がもてなかった」(松田)。苦手意識を持っていたシングルスで勝利し、チームに勢いをもたらしたかった。先に2セットを先取したが、やや不安なメンタル面では常に不利に立っていた。1セットを返されると、一気に残りの2セットも奪われ、松田も敗戦した。



バックハンドでレシーブする松田



先に2勝を先取され、窮地に陥った。チームのピンチを救うべく、登場したのは矢野(文情3)だ。得意のサーブを武器に、前戦で今季初勝利を飾った。今試合でも矢野のサーブが冴え渡るかと思われた。しかし、相手は大阪経済法科大のエース・呉だ。180cmを越す恵まれた体格から放たれるサーブに苦しんだ。サーブでは優位に立つものの、苦手のレシーブで波に乗れなかった。まさかのストレート負けで、チーム3敗目を喫した。



サーブを放つ矢野



ピンチを救ったのはダブルスペアだった。阿部(社3)・松田ペアが僅差で勝利をものにした。序盤から阿部のフォアハンドを主体にセットを奪い合った。先に2セットを奪われたが、落ち着いてセットを奪い返し、2-2のタイに持ち込んだ。阿部が引っ張り、松田が阿部についていく。先輩・後輩の噛み合ったコンビネーションて最終セットを11-9で奪った。



ガッツポーズの阿部


ガッツポーズの松田



最後は阿部が力尽きた。連続して登場した阿部がフルセットの熱闘に持ち込んだが敗れた。前期下位チームとの戦いが続く前半で敗れるのは同志社らしくない。西田は敗因の1つとしてチームの意識を徹底できなかったことを挙げた。「応援中にガムを食べる選手がいたなど、一丸になれなかった」(西田)。団体戦はチーム力での戦いとなる。時にはチームの応援が相手選手のメンタル、自チームの選手のメンタルを左右する。メンタルスポーツの卓球において、応援はチームの勝敗を分けると言っても過言ではない。過去は過去だ。明日の勝利、未来の勝利のため、今一度、チーム一丸で戦うという意識を徹底する。(新谷諒真)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について