同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ初戦、黒星発進も前向きに【ソフトボール部男子】:ソフトボール部
漆黒の壁破れず
大体大に圧勝[Jr.リーグ]
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
リーグ初戦、黒星発進も前向きに【ソフトボール部男子】:ソフトボール部
2020/10/21 HEAD LINE NEWS
同志社00012---------3
関大5005×---------10×

令和二年度統一リーグ (2020年10月18日)

10月18日、サザンスタジアム(大阪府)で令和二年度統一リーグ対関大戦が行われた。一部昇格後、初の公式戦となったこの試合。同志社は追い上げを見せたものの、3-10でコールド負けを喫した。


試合中、話し合う選手たち。


初戦の緊張もあり、ミスが連発した。1回裏、相手の連打を浴び、5点リードを許してしまう。その後、2回、3回は両者ともに得点を許さず、迎えた4回表。樫本(商2)が3塁打を放ち、1点を返す。逆転の兆しが見え始め、チーム内の掛け声は大きくなった。

その裏、またもや関大の猛攻を抑えることができず、5失点。5回表、桒田の左前打で2点を追加するも、反撃はここまで。3-10で試合終了となった。


3塁打を放った樫本。


1回裏から大量リードを許してしまった今試合。「初回の5失点がもったいなかった。自分たちのミスでアウトを取れなかった。そこから向こうに流れを持っていかれた」(西山・スポ3)。昨年の秋リーグぶりとなった公式戦。試合の入り方が課題点となった。「万全な準備をして試合に臨めば、もっといい試合ができると思う」(樫本)。試合を通して高い集中力を保てれば、勝機も見つかるはずだ。

黒星発進となった秋リーグ。初回から思い通りのプレーができるように万全の準備を整え、対立命大戦で勝利をものにしてほしい。

(文・藤田航輔、写真・藤田彩花)

 

【スタメン】

()堀米(捕)

()桒田(二)

()西山(一)

()高橋海(左)

()樫本(右)

()高橋大(DP)

()高橋尭(三)

()清水(中)

()牧(遊)

 

バッテリー

津郷―堀米

 

【コメント】

#10 西山

――秋リーグ初戦の感想

前インカレ予選の代替試合で、3部相手に負けちゃって、その時に初回に点を取られてみんな声小さくなっちゃうとかがあって。今回は点を取られてもみんなで声を出してやろうっていうのを意識していました。

雰囲気自体は良くて、それだけ(声出し)を意識していました。僕らは元2部だったので、声出して楽しくやって、流れを掴むっていうイメージを作りたい。(1部の格上相手に)負けて当たり前の所でやっているので、声だけでも楽しく明るくやっていきたいです。

 

――打撃で良かった選手は?

6番打者の髙橋大地ですね。バッティングの中で、自分が見て思ったことを言った後に、ちゃんと自分の打ち方を11球で修正していくことができていたので。期待しています。

 

――新チームの雰囲気は?

自分的には良いと思います。改善点を言った後に成長できるチームだと思うので、そういう面を見たらすごく良いチームだと思います。

 

――次戦に向けて

やっぱり取れるアウトを一つずつ取って、声をしっかり出して1部でも楽しんでいきたいです。

 

――主将として意気込み

11人で人数が少ないので、全員で協力して「楽しく」をモットーに頑張っていきたいです。

 

#17 髙橋海

――初戦の感想

格上とは言え、ちょっとダラダラしたゲームになってしまったかなと。入りからゲームに集中できてなかったところを全員にあったので、そういうところをしっかりして次に繋げたいです。

 

――今日の活躍選手は?

高橋尭と髙橋大ですね。上位打者が打てない中で、下位の2人がしっかり打ってくれて、1点を取ることができたので。得点に絡んでいる2人がしっかりできているなと感じました。

 

――今日の試合の反省点、収穫は?

初戦でやっぱり全員が硬かったので、その中で失敗があったと思うので、こういう場面で失敗したことを自覚できたところと、あとは一番手のピッチャーがとても良いピッチャーだったので、経験できたことで次から打っていけるかなと思います。

 

――次戦に向けて意気込み

個人としては、今日は最後1本出たんですけど、2三振してしまったので、チャンスで1本打てるようにしたいです。チームとしては勝ちに貪欲に、頑張っていきたいです。

 

#24 樫本

――収穫

大学からソフトを始めて、秋リーグで2本しかヒットを打てなくて悔しい思いをしたので、一部で打てるように冬を乗り越えて頑張ろうと思っていたので、今日の試合で二本打出たのは1番の収穫かなと思って、ここから自信持って、毎試合複数安打できるようにするのがいちばんの目標です。

 

――課題点

1打席目に情けない三振をしたのがいちばんの課題で、そこも準備につながってくるんですけど、やっぱり最初の準備が足りなかったなっていうのを実感しているので、次の試合からしっかり準備して、試合の1打席目の1球目から自分の思った通りのスイングができるように準備して行こうかなと思います。

 

#11 津郷

――どういう気持ちで試合に臨みましたか?

昨日の夜から頑張って行こうみたいな感じで、チーム一丸となってやっていたので、要所要所をしっかり抑えてチームの流れを作れるようなプレーをしたいなと思っていました。

 

――感想

はじめての公式戦なのでけっこう緊張していたけど、はじめてにしてはよく投げたかなと思います。

 

――収穫点

個人的になるけど、ブラッシングのリリースの瞬間がちょっと安定してきたかなと自分で感じていて、体力もなくなってきていたのでこれからしっかりトレーニングをして、春につなげて行こうと思います。

 

――課題点

筋肉とかが少ないので、鍛えて、強いボールが投げられるようにしたいです。

 

――先発としての意気込み

チームが勝てるようにこれからもっともっと努力して、来年も再来年もあるので、しっかり自分の今できることを考えてしっかりやって行こうと思います。


先発として出場したルーキー津郷。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について