同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 強豪に敗れるも収穫・課題見つかる:ソフトボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
全日本フィギュア篠崎3位
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
強豪に敗れるも収穫・課題見つかる:ソフトボール部
2018/11/06 HEAD LINE NEWS
同志社0110002-------4
園田013130×-------8

関西学生ソフトボール新人戦 (2018年11月3日)

11月3日にみなと堺グリーン広場(大阪府)にて行われた関西学生ソフトボール新人戦、対園田学園女大。全国屈指の強豪校に4-8で敗れた。



先制のホームを踏んだのは同志社だった。2回表、藤井が一二塁間への内野安打で出塁すると、冨山の右安打で生還する。しかしその裏、すぐさま1点を返され試合は振り出しに戻った。

3回表、橋本の三塁打でチャンスを作り1点勝ち越す。再びリードしたが、3回裏四死球で2死一、二塁のピンチを招くと4番打者に適時打を打たれ同点に追いつかれる。続く5番にも2点適時三塁打を放たれる。この回3点を奪われ逆転された。4回には犠飛で1点を追加される。5回は先頭から三者連続安打を浴び、守備も乱れる。3点を取られ5回終了時点で2-8と差をつけられた。



安打を放ち塁上で笑顔を見せる橋本



同志社打線は園田学園女大投手陣の速球をなかなか攻略できなかった。4回には高部、5回には岩本がそれぞれ安打で出塁するも得点には結びつかない。6点差のまま最終回を迎えた。

7回表、同志社が意地を見せる。先頭冨山が三塁打を放ち、橋本の犠飛で1点を返す。後の川名、岩本、野表の連打でさらに1点を入れ点差を縮めた。しかし追いつくことは出来ず、4-8で敗れた。





強豪から2安打を放った岩本(上)、冨山(下)



日本一の経験もある園田学園女大との試合で収穫、課題ともに得ることができた。「攻守ともにまだまだインカレで戦えるレベルにないなと感じた」。(石川・商3)主将をはじめ多くの選手が実力差を痛感した。しかし点差が広がっても最終回に追い上げるなど無抵抗で負けたわけではない。確実にこの1年を通して力をつけてきた。来春は1部リーグの舞台で園田学園女大と再び激突する。冬を乗り越え、一回りも二回りも強くなった姿に期待だ。(水納愛美)



【スターティングメンバ―】

1(遊)橋本

2(左)川名

3(一)岩本

4(指)野表

5(右)藤井

6(中)高部

7(捕)辻

8(二)冨山

9(三)坂口

(投)立迫



【バッテリー】

冨岡、立迫ー辻



【コメント】

#10 石川

ー1、2年生の活躍を見て

1試合目は、よく打ってくれたと思う。全員が試合に出て活躍してくれた。でも細かいところで守備のミスがあったので、そこは詰めていかないといけない。全体的によく頑張ってくれた。

2試合目は、相手が園田学園で、関西では一番、日本一もになっているチーム。春に絶対1部で戦うことになるので、どれだけ今の自分たちの実力でできるかを一人一人試していこうと話していた。自分は今日は試合に出る立場ではなかったが、采配をするなかで、園田相手にどこまでできるかをすごく楽しみにしていた。収穫もあったし、まだまだだなというところもあり痛感させられた。

ー収穫とは具体的に

守備がしっかりしている園田相手に川名がスラップを2つ決めた。園田の試合で川名を出すのは初めてだったが、園田にも通用すると証明してくれた。本人も自信になったと思うのでよかった。あとは、バッテリーも配球をよく考えてくれて、1巡目はしっかり最少失点で抑えてくれた。長打もなかった。

ー課題は

顕著に表れたのは、速球に対して全く打てなかったところ。秋リーグは2部で戦い、そこまで速い球を打っていなかった。正直練習でもそこはできていない。速い球を打ち崩すのはなかなか難しいと感じた。

ー采配に専念するのは、いつもと違いを感じたか

いつもよりは余裕があった。一人一人に対する声かけも、試合に出ていない分必要なところでできる余裕があった。

ー春リーグに向けて意気込みを

新チームが始まってからインカレで戦うのにふさわしいチームを目指していて、それが最終的な目標。今日強い園田と試合をして、攻守ともにまだまだインカレで戦えるレベルにないなと感じた。これからオフシーズンだが、個人としてもチームとしても課題を持って、みんなのモチベーションを切らさずに全員でこの冬を乗り越えて強くなって、園田にも太刀打ちできるようなチームにしていきたい。



#1 辻

ースタメンマスク、どんな気持ちで臨んだか

自分は肩とか七海さん(吉岡・スポ3)に比べて良いわけではないが、声が一番の長所なのでチームを盛り上げられるようにした。守備からリズムを作れるようにやっていこうと思った。

ー声出しは目立っていたがどんな意識を持っているか

同志社は声とかモチベーションのあり方によって最強のチームになれると思う。そこだけを意識した。

ー神戸親和女大打線の印象は

甘い球は振り切って打ってくるが、冨岡がコースをついて投げられた。それでカウントを稼げたし、勝負球もしっかり決まったのでピンチでも抑えることができた。

ー園田学園女大打線の印象は

緩急を使っても打ってくる。厳しいコースでも絶対ファウルにしてカットしてくる。決め球が決まらなくて難しかった。打ち取れたのはピッチャーのコースと変化球が良かったから。ピッチャーのおかげ。

ーバッティングは

ざっくり言うと全然ダメだった。でも思い切りいこうと思っていたので、中途半端なスイングはなく振り切れたのでそこは良かった。春は、一発で仕留められるように練習する。

ー春リーグに向けて

肩が弱いので、下半身強化とスピードアップで肩の弱さをカバーする。バッティングは、一発で仕留められるように、打ち損ないなく100パーセントミートできるようにしていきたい。



#17 冨岡

ー新人戦を終えて

第1試合では途中からマウンドに上がって、相手を抑えることが役目だった。そのピンチを守ることを考えながら投げることができた。

第2試合では、先発で一試合目よりもさらに強い相手だった。常に全力で投げることを意識した。

ーいつもと違うチーム編成で、雰囲気は

明るく、チーム全体の雰囲気はいい。その反面、以前よりメリハリに欠けたように感じた。切り替えをしっかりできるようなチームになりたい。

ー今回の試合で感じた課題は

コンディションは良かったが、自分の今の実力では園田に勝つことは難しいと感じた。この冬で焦らずその課題をクリアしていきたいと感じた。

ーこれからの自分の役割は

今までは与えられたチャンスに食らいついていっていたが、ピッチャーとして先頭に立っていく存在になる。控えめでいるのではなく、自分がチームを守っていけるようになりたい。



#19 南

ー全体的な感想は

園田戦でレベルが上のチームと戦ったが、今の実力を出せた。課題も見つかった。

ー公式戦初登板だったが、どんな気持ちでマウンドに上がったか

みんなが大量得点を取ってくれた。自分は打たせて守ってもらおうと思っていた。

ーピッチングを振り返って

思うところに投げられなかったが、結果オーライかなと。

ー春リーグに向けて

次は1部でも渡り合えるように頑張っていきたい。


#21 冨山

ー二試合終えた感想は

第1試合は初回からチームの攻撃につなげて点を取ることができた。積極的に攻撃したことが大量得点につながったと思う。

第2試合でも初球から思い切ってバットを振った。結果的に、試合の流れを変える安打を打つことができたと思う。

ー1回生と2回生のみでのチーム編成だったが

普段とは違うポジションを持つことになり、声出しなどのいつもとは違う役割を担うきっかけになった。状況によって自分がどのように行動するべきか考えながら守ることを学んだ試合だった。

ー今後どのように活躍したいか

秋リーグ、新人戦が終わり、オフシーズンが始まる。冬の練習で、試合の流れを変えられるようなバッターに成長したい。



#29 橋本

ー今日のバッティングを振り返って

調子がいいわけではなかったが、打つところで振り抜いて長打を打つことができてよかった。

ー今日の試合で感じたこと

第2試合の園田は強いというイメージがあって、萎縮してしまった部分もあった。しかし、強いピッチャーと対戦することができていい経験になったし、楽しむことができた。

ー新しいチーム編成で

慣れないポジションを守ってるメンバーがいるなど、普段よりパフォーマンスのレベルが下がってしまうところはあった。けれど、ベンチからの声援や盛り上げようとするチームの声がまた新しい雰囲気でよかった。

ーこれからの自分の役割

声出しをしてチームを引っ張るタイプではないが、守備や打線も大事な箇所を任されているので、バッティングなどのプレーでみんなを引っ張っていける存在になりたい。

ー目標は

今回強いチームと当たって、目指す場所も見えてきたので、どのように勝負していくか考えて冬頑張りたい。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について