同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 武庫川女大に粘り勝ち!3-2で接戦制す。:ソフトボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
武庫川女大に粘り勝ち!3-2で接戦制す。:ソフトボール部
2018/10/18 HEAD LINE NEWS
武庫川1010000-------2
同志社102000--------3

関西学生ソフトボール秋季リーグ戦 (2018年10月14日)

10月14日に武庫川女子大学総合スタジアム(兵庫県)にて行われた関西学生ソフトボール秋季リーグ戦、対武庫川女大。同志社は2度リードを許しながらも試合の流れを引き渡さず、粘り勝ちで勝利をつかみとった。試合終了後には応援席から沢山の拍手が沸き、監督も「本当に良い試合だった」とほめたたえる、好ゲームだった。


初回、チームは早くもピンチを迎えた。先発を任された森本(社3)は先頭打者へ四球を与えると、2番打者の犠打で1死二塁を迎える。さらに続く3番から痛烈な適時二塁打を浴び、試合開始早々に先制のホームを踏まれてしまう。続く打者を打ち取り最少失点に抑えるも、今季チーム初となる失点を喫した。ベンチにはこれまでの4試合とは違う緊張感が漂った。



先発・森本



1失点を許した直後、攻撃陣はすぐさま点を取り返しにかかった。2死から打席に立った岩本(商1)が鮮やかな中前安打で出塁すると、吉岡(スポ3)の適時二塁打で岩本が生還。主砲の一打で1-1と同点に追いつく。試合を振り出しに戻し、流れを簡単には引き渡さなかった。



同点の適時打を放った吉岡



3回には再びリードを許す。1番から始まる好打順を左飛、三振と2死まで追い込んだ森本だったが3番打者のセンター頭上越えの本塁打で1-2とされる。
だが、またしても同志社は意地を見せた。直後の3回裏、先頭の冨山(スポ1)が安打で出塁すると、続く橋本(スポ1)が適時二塁打を放ち同点に追いつく。「思い切って振りに行った」と、橋本の会心の一打で同点に追いつく。さらに、無死二塁とチャンスは続く。打席に立ったのは初回に適時打を放っている岩本。センターへ飛距離十分の犠飛を放ち、橋本がホームイン。この回で一気に逆転に成功し、同志社のベンチは盛り上がりを見せる。



ベース上で笑顔を見せる冨山



長打を放つ橋本



ベンチに迎えられる岩本



最後まで得点を守り切った。「点を取られた後もすぐに取り返してくれたのでそれが1番大きかった」(森本)。味方の援護も支えとなり、森本は4~5回を全て三者凡退に封じる好投を見せた。
バックの好プレーも投手を救った。6回にはキャッチャー・吉岡がセカンドへの好送球で盗塁を阻み、2死と相手を追い込む。またこの際セカンドの石川(商3)がランナーとの接触で怪我を負い、試合は一時中断となるも、再びグラウンドに戻り最後まで試合を戦い抜いた。さらに、外野への鋭い打球をセンター・重富(スポ4)がキャッチするファインプレーを見せた。最終回も2連続のレフトフライを高部(商2)がしっかりミットに収め、試合終了。3-2で白星を手にした。



センター・重富は堅い守備を見せる



点を取られては取り返し、チーム力を見せつけた1戦となった。「点を取られた回のその裏で同点に追いつく、逆転するっていうのが出来ていた分、そこで勢いに乗っていけた」(吉岡)。1人1人の好プレーがチームに勢いを呼び込み、大きな1勝を手繰り寄せた。
長かったリーグ戦もゴールが見えてきた。目標とする「全勝」まで、あと2勝。開幕から5戦5勝と結果を残し、彼女達の勢いは加速し続けている。最後まで全力で走り抜け、必ず秋を笑顔で締めくくる。(高松さやか)



【スターティングメンバー】
1(遊)橋本…スポ1
2(左)高部…商2
3(一)岩本…商1
4(捕)吉岡…スポ3
5(中)重富…スポ4
6(指)野表…社2
7(右)藤井…文情1
8(二)石川…商3
9(三)冨山…スポ1
(指)森本…社3


【結果】
VS武庫川女大 ○3-2


【コメント】

杉原監督
(今日の試合を振り返ってー)
今日の勝ちは大きかった。先制されたが森本が要所を締めて良く投げてくれたと思う。吉岡もセカンドで盗塁刺してくれたし、バッテリーにひかれて全員が良く守ったと思います。
(接戦だったがー)
今回リーグで初めて先制されたが、その裏ですぐに返してくれたので大きかった。本当に良い試合だった。
(残り2試合ー)
勢いは同志社にあると思う。連勝して、全勝で1部に上がりたいと思います。


#9 吉岡
(今日の試合を振り返ってー)
先制点を取られて焦りもあった。けど点取られた回のその裏で同点に追いつく、逆転するっていうのが出来ていた分、そこでみんな勢いに乗っていけたかなと思う。
(初回に同点タイムリー)
点取られたときに森本に打って返すからいいよ、点取られていいよって言ってたので内心ドキドキして打ったけどしっかり打ててよかったです。
(先制されたがー)
点を取られても打ち返す力はあるし、何も気にせずにどんどんいこうという感じでした。
(残り2試合ー)
勝ち切ります。


#13 森本
(先発を任されてー)
緊張はしなかった。勝てるピッチングをしようと思いました。
(先制されたがー)
点を取られた後もすぐに取り返してくれたのでそれが1番大きかった。結構打たれても途中から配球を変えたりして抑えることが出来て良かった。
(相手の打線に対してー)
長打とか打つバッターも多くて甘い球いったら打たれると思っていた。コースしっかりで、変化球は回転を意識して投げようと思いました。
(あと2試合ー)
出る試合は勝てるピッチングをして、出ないときは声出して頑張ります。


#25 岩本
(犠牲フライー)
自分的にはもうちょっと飛ばしたかったけど、外野フライを打つというイメージで打席に入った。
(リードされる場面があったがー)
点を取られてもチームは落ち込んでいなかったし、全然これから取れるなという余裕があった。みんなで盛り上がってできたので良かったと思う。
(全体を振り返ってー)
前みたいに点差が開いた試合ではなかったのでランナーを背負って緊迫した感じにはなったが、みんながやるべきことをやって最少失点に抑えられた。取る点はしっかりとったので良い雰囲気で試合が出来た。

(残りの試合に向けてー)

試合の中で細かいミスはあったので最後練習で詰めていきたい。自分は引き続き自分の役割を考えて、チームバッティングができるように頑張っていきます。


#29 橋本
(今日の試合を振り返ってー)
初回に先制点を取られていつもならチームの雰囲気も下がってしまうこともあるけど、今日は全然巻き返せる位雰囲気が良かった。
(3回の同点タイムリー)
初球で小技を失敗してしまったけど、次しっかり打て!っていうサインだったので思い切って振りに行った。
(相手は積極的に振りに来ていたが、守っていてー)
練習試合で結構打たれていることが多かったので正直少し怖かったけど、ピッチャーの森本さんがしっかり抑えてくれたので守りやすかった。
(1番打者としてー)
春リーグに比べるとタイムリーを打ったり、チャンスでも自分のバッティングが出来ている。
(残りの2試合ー)
自分としてはチームを勢いづけられるような守備、バッティングをして勝ちに結びつけられるようなプレーをしたい。チームとしてはここまで0敗で来ているので残り2試合も全員で勝ちに行きたいなと思います。








同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について