同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 有終の美、戦いは続く:準硬式野球部
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
創部初!インカレベスト8!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
有終の美、戦いは続く:準硬式野球部
2018/04/14 HEAD LINE NEWS
同志社200001010-----4
立命大000010000-----1

平成30年度春季リーグ戦 (2018年4月13日)

4月13日に大阪シティ信用金庫スタジアムで平成30年度春季リーグ戦最終節2回戦が行われた。

同志社は立命大と対戦し、4-1で有終の美を飾った。


前半を課題にしてきた同志社。1回戦での悔しさをバネに初回から旋風を巻き起こす。柴山(スポ3)が右前打を放ち出塁すると小松(社2)、烏田(政策4)が続き1死満塁となる。今大会打点王に輝いた佐藤大が決定打を放ち一気に2点先制。「大事な場面で一本打てたことが打点王に繋がった」(佐藤大)。


今季も大活躍を見せた佐藤大(社2)


攻撃だけでなく守備でも強さを見せる。公式戦初先発・戸澤とベテラン守備陣の息の合ったプレーが目立ち、得点を許さなかった。「とりあえず思い切り投げることを考えた」(戸澤)。盗塁阻止やダブルプレーで出塁した選手を徹底的に捉え、塁に進ませない。同志社の選手層の厚さを見せつけた。


同志社リードで進む中、立命館も意地を見せる。5回、四球でランナーを出すとエラーによって無死三塁と追い込まれ、池田の中前適時打によって1点を返されてしまう。


同志社は持ち味の勝負強さで立命館の勢いを食い止める。6回、佐藤大が今試合2発目のヒットを放ち、澤村(スポ4)も出塁。さらに佐藤大が盗塁成功で1死一三塁。決定打を決めたのは今季、ここぞという場面でチームを勢いづけてきた代打・佐藤唯(スポ3)だ。犠牲バントで相手の守備陣をうまく崩し、3点目を決めた。2番手・野口(経3)も好投で相手に得点を許さず。8回、相手のミスを誘いダメ押しの4点目を獲得。4-1で勝利した。


公式戦初先発・戸澤(スポ2)


春季リーグが閉幕し、関西選手権へコマを進めた。優勝旗を手にした選手の表情は夕陽よりも輝いていた。全勝優勝は叶わなかったが、チームが成長したことは確かだ。何度もピンチに見舞われたが、粘り強いプレーで勝利を掴む力を身につけた。「連覇します」(小熊・スポ4)。その言葉には熱く深い思いが込められていた。日本一の喜びをもう一度。小熊組の戦いは続く。(久保友紀恵・川中真那・安本夏望)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について