同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 全勝優勝ならず:準硬式野球部
京都府大会
主将セレクション 「馬術部」
’18春の展望 「ラクロス...
投打がかみ合い京大に先勝
強敵相手に健闘
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
全勝優勝ならず:準硬式野球部
2018/04/12 HEAD LINE NEWS
立命大000100000-----1
同志社000000001-----1

平成30年度春季リーグ戦 (2018年4月12日)

4月12日に大阪シティ信用金庫スタジアムで平成30年度春季リーグ戦最終節1回戦が行われた。同志社は立命大と対戦し、1-1の引き分けとなった。


去春、全国出場を決めた思い出の地での1戦。先発はその試合でノーヒットノーランを果たした内藤だ。今リーグ、幾度となく逆転勝利をおさめ全勝と波に乗る同志社に勝てない要素は1つもないと思えた。


後攻の同志社は内藤が打たせて取るピッチングで要所を抑え、3回まで3安打無失点といつも通りの投球を続けた。4回、初めて先頭打者の出塁を許すと、5番・杉野は2球目に送りバント、7番・池田に四球を与え2死二三塁となった。8番・高橋には中前適時打を放たれ先制されたものの、9番・安室は左飛と最少失点に抑えた。続く5回からは得点圏に走者を置くことが多かったが、0を並べ続け先発としての仕事をきっちりと果たした。それでも内藤は「球数が多くズルズルっと行ってしまい、リズムを作れなかった」と攻撃への流れを作れなかったことを反省した。


先発・内藤(商4)


内藤の好投の裏で得点を稼ぎたい打撃陣だったが、今試合いつもの爆発力はなかった。4個の三者凡退に加え、緩急ある投球を見せた高橋(立命大)を前に上位打線が泳がされチャンスメイクできない場面が目立った。チャンスでも判断ミスで得点できないなど噛み合わない打撃で8回まで無得点。それでも9回裏には意地を見せた。1死二塁で勝負強い佐藤大が左中間を割る適時打を放ち同点に追いついた。佐藤大は一気に三塁まで進みチャンスを作ろうとしたがタッチアウト。代打・前川は二飛に倒れ試合終了となった。最後の意地も実らず、引き分けとなった。


同点打を放った佐藤大(社2)


同点のホームを踏んだ吉武(商3・左から2番目)


全勝優勝目前での引き分けに小熊主将(スポ4)は「悔しい。今までで1番悔しい引き分けだった。でも、あくまで僕らは日本一を目指しているので、ここで気持ちを切り替えて明日は勝ちたい」と心境を述べた。ここまで目標にしてきた全勝優勝はかなわなかった。しかし、勝てなかった試合だからこそ得られたものもある。上位の大会になるほど今日のような試合は増える。僅差、ビハインドでの戦い方をもう一度見直したうえで上を目指す。(安本夏望 撮影:久保友紀恵)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について