同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 伝統の一戦は痛み分けに終わる:サッカー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
全日本フィギュア篠崎3位
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
伝統の一戦は痛み分けに終わる:サッカー部
2018/11/06 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ (2018年11月4日)

11月4日に西京極総合運動公園補助競技場(京都府)で行われた関西学生サッカーリーグ秋季第7節、同志社vs立命大の一戦。同志社は1-1の引き分けで終わった。


怪我をした村上(スポ4)と吉村(スポ4)にエールを送るスターティングメンバー


自動降格圏を抜け出すためには、なんとしててでも勝ち点が欲しい試合。しかし前半はあまりフィールドを支配することができなかった。サイド攻撃とパス回しが得意な立命大に対し、粘り強くディフェンスをするのに精一杯だった。互いにあまり展開のない時間が多く流れ、あっという間に0-0で前半を折り返した。


守備陣を牽引した西中(政策4)


しかしエンドが変わって後半。同志社はゲームキャプテンの守護神、白岡(商4)の活躍が光った。後半14分に主審の怪しい判定でPKを献上してしまう。だが、「駆け引きで勝った」と白岡は見事なセーブでチームを救い、会場を沸かせた。その流れのまま嫌なムードを断ち切りたかった同志社だったが、後半34分。中盤でボールを失いそのままカウンターで立命大に先制点を許してしまう。だが、彼らは諦めていなかった。「逆転する気持ちは全員で持てていた」と宮谷(経4)が振り返るように、前線2枚の竹田(商3)と途中出場の金(商4)の裏を狙ったボールが増えた。すると失点後から5分後の後半39分、コーナーキックを獲得。児玉(スポ2)のクロスから金が合わせ、ボールがこぼれたところを最後は竹田が押し込み、見事に同点に追いついた。竹田は「蹴りこんだだけ」とゴールシーンを振り返ったがこの1点はとても重みのある1点となった。このゴールで勢いづきたかった同志社だったがそのまま試合が終了。1-1の引き分けで終わった。


竹田が試合を振り出しに戻した


PKストップでチームを救った白岡


試合後の取材で望月監督は、「0で終わるよりマシ。得失点差で残れる可能性がある」とコメント。堅い守備で貢献した西中(政策3)は、「有終の美を飾れるように、がんばりたい」と一部残留へ向けての意気込みを語った。なんとか勝ち点1をもぎ取り、残留への希望を繋いだ一戦。ただ、課題も多く見えた。残るはあと3試合。悔いのないように最後まで走りきり、残留を摑み取れ。(文・岩木博哉 写真・藤田友樹)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について