同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 団体形、2年連続関西制覇!:空手道部
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
若手投手陣を盛り立てろ!
'17秋の展望「...
王者撃破で初勝利!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
団体形、2年連続関西制覇!:空手道部
2017/10/08 HEAD LINE NEWS

全関西大学空手道選手権大会 (2017年10月1日)

10月1日に大阪商業大学にて行われた、全関西大学空手道選手権大会。同志社は、男子団体組手がベスト8、女子団体組手が3位、男子団体形が優勝、女子団体形が優勝。以上の成績を収め、今大会を終えた。また男女形は2年連続アベック優勝を成し遂げた。



男子団体形は今大会4年連続優勝を成し遂げた。予選ではクルルンファを披露し21.9点で1位通過を決める。迎えた決勝の相手は予選で0.1ポイント差だった関学大。決勝ではアーナンを披露。キレとスピードのある形を披露し、その後分解に移る。気迫のこもった演舞を披露し優勝を果たして見せた。しかし、試合を振り返って「今は課題だらけなのでその課題を1つずつ解消していって日本一になりたい」(西山・スポ4)と反省を口にした。
団体形の新チームを組んでから、練習時間も限られた中で挑んだ今大会。全日本に向けての新たな修正点が見つかった大会となった。




分解を披露する舟久保(左)と西山(右)。



女子団体形は2年連続優勝を成し遂げた。昨年も優勝を経験しているが「チャレンジャー精神を忘れずに思い切っていけた」(南本)ことが勝利に繋がった。予選ではセーパイを披露。「緊張してミスをしてしまった。後の2人に助けられた」(南本・商3)。チームワークでミスもカバーしあい21.6点で2位通過を決めた。

迎えた決勝の相手は芦屋大だった。披露したのはクルルンファ。予選以上に呼吸の揃った演舞を披露し、見事優勝をつかみ取った。
昨年の全日本では準優勝を果たしている女子団体形。「形も分解もすべて穴がないようにしていって、日本一を取れるように頑張ります。」(南本)。昨年届かなかった優勝杯を取りにいくべく、さらなるレベルアップを図る。




分解を披露する南本(中央)と岩本、宣保。



女子団体組手は準決勝で近大に敗れ、惜しくも3位に終わった。シードで2回戦からの出場となった彼女たち。2回戦、準々決勝と快勝を収め、順調に準決勝まで勝ち進む。
決勝の相手は今大会10連覇を果たしている王者近大。決勝で先鋒を任されたのは尾立(商1)。中盤までポイントを失うことなく粘るも、残り時間55秒で相手の上段突きが決まりポイントを先取される。さらに続けて2ポイントを取られ0-3で敗れた。中堅は沖田(スポ3)。沖田も積極的に攻撃を仕掛けるが、相手の上段突きが決まりポイントを先取されてしまう。
勢いに乗った相手からさらに3ポイントを奪われ、0-4で敗れた。この時点で近大の勝利が決まり準決勝で舞台を去ることとなった。「近大には4人の審判に旗を上げられる強さがある」(沖田)。ポイントを取り切ることが今後の課題となってくる。
全日本に向けて「4回生最後の試合なので優勝して4回生やОBさんに対して支えてもらっている恩返しをしたい」と語った沖田。チーム力をさらに上げて、女子団体形は全日本に挑む。




鋭いまなざしで相手を見据える沖田。



男子団体組手はベスト8となった。1回戦の対阪南大戦は順調に突破するも、2回戦の近大戦は悔しい敗戦となった。
先鋒の藤井晟(商4)はポイントを先取されるも、蹴りを決め1-3と一気に逆転。しかしその後連続で相手に上段突きを決められ3-3と同点に追いつかれる。ここで時間は終了し判定負けとなった。次鋒の藤井基(商4)はポイントを先取されると相手が勢いに乗り次々に上段突きを決めてしまう。流れを巻き返すことが出来ず0-6で敗れる。中堅は浦崎(経2)。3ポイントを先取されるも上段突きを決め3-1とする。さらに点を取られ4-1とリードを広げられるも再びポイントを取り4-2とする。粘りを見せるも、相手の攻撃が止まらずその後は押されてしまい8-2で敗れた。ここで近大の勝利が確定し、上の舞台に進むことは出来なかった。




積極的に攻め込む藤井基。




大会後の集合写真。


今大会を終え、今年の大会も残すところは全日本団体のみとなった。4年生にとってはこの大会が学生最後の大会となる。
強豪ひしめく全日本の舞台ではあるが、彼らなら思いっきり気持ちをぶつけてくれるはずだ。空手道部全員で思い残すことがないように、最後まで全力で戦い抜いてほしい。(高松さやか)


【出場選手】

・男子団体形

西山走(スポ4)

藤田心(スポ2)

舟久保絢哉(商2)

内田智晴(神1)


・女子団体形

南本愛良(商3)

岩本菜穂(スポ2)

宜保ありさ(スポ1)


・男子団体組手

藤井晟也(商4)

藤井基弘(商4)

福本隆稀(商2)

上野翼(文情2)

浦崎亮成(経2)

服部玄陸(商1)


・女子団体組手

沖田理奈(スポ3)

瀬戸口稀美(文情2)

尾立佳菜子(商1)
























同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について