同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 昨秋王者に2連敗:硬式野球部
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
「不甲斐ない」雨の中奮闘す...
課題残るも交流戦2連勝
3人の絆
'20ルーキー特...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
昨秋王者に2連敗:硬式野球部
2020/09/20 HEAD LINE NEWS

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2020年9月20日)

9月20日に南港中央公園野球場(大阪府)で関西学生連盟秋季リーグ第2節対関大2回戦が行われた。守備のミスが目立ち、4回裏に4失点を奪われ、相手に大きく突き放される。8回表チャンスをつくり反撃を試みるも2点にとどまり、7-3で敗北。優勝からまた一歩遠のいた。


今大会初登板となった東山(心理2)


同志社の先発はリーグ戦初登板となる東山。初回に1点を奪われるも、安定した投球で上々の立ち上がりを見せた。しかし4回裏、東山が相手打線に捉えられる。先頭打者に出塁を許すと、左適時打で1失点。なおもピンチは続き、連打により無死満塁となる。なんとしてもゲッツーを狙いたい場面であったが、相手の左適時二塁打によりこの回一挙4点を失う。「2ストライクに追い込んでから、投げきれなかったのが打たれた原因」(東山)。先発としての役割を果たすことができなかったと悔しさをにじませた。


4点を奪われ肩を落とす城下(法3)


継投策で5回裏、道端(法2)と西村(法3)がマウンドに立つも関大打線の勢いは止まらず2失点。6点ビハインドで前半を終える。


後半戦、中継ぎ陣が粘りの投球を見せ、走者を背負うも無失点で切り抜ける。その後逆転を狙うが、相手投手を攻略できず6、7回ともに三者凡退に終わった。

反撃の好機となったのは8回表。代打杉森(法2)が左安打で出塁すると、相手投手の制球が乱れ、2打席連続四球で無死満塁のチャンスがやってくる。ここで打席が回ってきたのは小川晃(商3)。「かなり刺されていたので、バットを短くもって前で打とうと思った」と狙いを定め右適時打を放った。これにより1点を追加。続く所村(GR3)は二ゴロに終わるも、青地(スポ2)が生還し、この回2点を奪う。だが反撃もここまで。後続が倒れ逆転とはならなかった。

9回表ここまで1安打3出塁の活躍をみせる青地が左安打で出塁するも、続かずゲームセット。健闘むなしく2連敗という結果に終わった。


ヒットを放つ小川晃


チャンスで確実に得点する関大に対し、要所での守備ミスが目立った同志社。昨秋王者に勝ち星を挙げることができなかった。「運で勝つことは無理。結果を残すというのを全員が意識してやっていかないと強いチームには敵わないかなと思います」(小川)。

リーグ優勝には残り6戦全勝することが求められる。次戦の関学戦では快勝する同志社の姿に期待したい。

(文責:鈴木有利紗、撮影:由良恭子、中村真菜)

 

スタメン

(一)青地

(二)松井

(三)小川晃

(四)所村

(五)城下

(六)四川

(七)橘髙

(八)塚本

(九)東山

 

バッテリー

東山、道端、西村、髙橋佑、髙橋恭―城下

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について