同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > サヨナラ負けで関学大に負け越し:硬式野球部
関西大学ラグビーAリーグ
'18秋の展望「...
立命大に敗北 2部残留決定
同立戦、粘りを見せるも2戦...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
サヨナラ負けで関学大に負け越し:硬式野球部
2018/05/16 HEAD LINE NEWS
同大000000000-----080
関学大00000000-----170

関西学生野球春季リーグ (2018年5月15日)

5月15日に南港中央野球場(大阪府)にて行われた関西学生野球春季リーグ第6節対関学大3回戦、同志社は0‐1でサヨナラ負けを喫した。再三得点圏に走者を置くも、あと一本が出ず敗れた。近大戦に続き勝ち点を落とした。


最後までホームは遠かった。三塁まで4度進塁するもいずれも無得点。先発の仲野(法2)の力投に応えられず最終回に1点を奪われ敗れた。


最後まで無得点は続いた。


数えた残塁は11個。関学大先発の原暁の不安定な立ち上がりにつけこめず、初回に三者残塁を記録するとその後も残塁を重ねた。辻(商4)や四川(社2)がマルチ安打でチャンスメイクしたが、3,4番の福原(政策4)と前田(商4)は音なし。先攻の同志社は徐々に苦しくなっていく。


2安打とこの日も打線を引っ張った辻(左)。


京大1回戦以来のスタメン出場となった四川。


先発は仲野だった。1回戦で7回2失点の好投を見せた右腕はこの日も試合を作った。「打者を見下して投げられるようになった」とはエースの福島(法4)の評価。ピンチを招いても落ち着いたマウンドさばきで0を並べ援護を待った。


先発の仲野。


9回表、先頭の代打・松本(スポ3)がセンター前に打ち返し出塁する。足立(商3)が送り上位打線へ。しかしここでも一本が出ない。4球で凡退し無得点に。同大のスコアボードにこの日9個目の0が入り最終回の守備を迎えることとなった。


代打の切り札・松本。


9回のマウンドには村居(スポ3)が上がった。今季フル回転の左腕は先頭の片山(関学大)に安打を許すと犠打と四球で1死一、二塁のピンチを背負う。迎えるは右打者の大上(関学大)。ここで村居を諦め栗田(商1)にスイッチ。1年生にこの試合の命運を託した。スリーボールからフルカウントにして迎えた6球目、勝負は決した。打ち返された打球はレフト福原の頭上を襲った。前進守備の福原は必死に追うも届かず、サヨナラの走者をかえすこととなった。


2番手の村居。


3番手の栗田。


「先制点が大事になってくる」。前田の試合前のコメントがむなしく響く試合展開となった。4カードが終わって6勝6敗の五分だ。少しでも上位に食い込むため、今季を良い形で終えるため、万全の状態で同立戦に臨んで欲しい。(本林大将)


スタメン

(三)辻

(遊)杉内

(中)福原

(右)前田

(左)小川航

(捕)西林

(一)四川

(投)仲野

(二)足立


バッテリー

仲野、村居、栗田―西林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について