同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 泥沼の4連敗…優勝絶望:硬式野球部
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
泥沼の4連敗…優勝絶望:硬式野球部
2017/04/17 HEAD LINE NEWS
同大000110000------82
関大100001001------72

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2017年4月16日)

4月16日、皇子山球場(滋賀県)にて行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節対関大2回戦。同点で迎えた9回裏、3番手の仲野(法1)がホームランを打たれサヨナラ負けを喫した。この結果、勝ち点を得ることができず泥沼の4連敗。優勝は絶望的となった。



あまりにも残酷な結末だった。盗塁を山岸が刺した直後の一投。ライトスタンドに吸い込まれていった。4試合中、1試合が延長の末敗北、2試合がサヨナラ負けと接戦を勝つ勝負強さが見当たらない。



力投を見せた渡邉(スポ4)。



投手陣の奮闘は見事だった。溝田(スポ2)のケガの穴を埋めるべく登板したのは渡邉。「前々から2戦目で投げることは言われていた。しっかり準備できていた」(渡邉)。死球と味方のエラーで初回から無死二、三塁のピンチも最少失点1点で切り抜けた。その後は持ち味である打たせて取るピッチングが光る。凡打の山を築いた。守備からリズムを作ると、4回表、福原(政策3)、山岸(法4)の連打で無死一、三塁のチャンスを作る。だがチャンスであと1本がやはり出ない。好投の渡邉に変わった代打竹中の押し出し四球1点のみとなった。



ヒットを放ち、ガッツポーズを見せる辻(商3)。


安打を放つ前田(商3)。


マルチ安打を放った山岸。



4回裏からはこちらもリーグ戦初登板の村居(スポ2)が登板。好リリーフを見せる。「ストライク先行を意識してゾーンで勝負することを意識して投げた」(村居)。テンポよく放り込み、リズムよく打者を打ち取っていった。流れがこちらに傾いている中で勝ち越したい同志社は5回表、安打で出塁した平山(社4)がツーアウトながら三塁まで進むと山岸がレフトに運び勝ち越し打。一塁ベースで主将は雄たけびを上げた。好投の続いていた村居は一球に泣く。六回裏、代打西田(関大)に痛恨の同点ホームランを浴びる。初安打がホームランだった。援護したい打線もチャンスは作るが得点圏でヒットが生まれない。緊迫した均衡状態が続いた中、9回裏に悲劇が起きた。8回から登板していたルーキー仲野は初登板ながら堂々としたピッチングを見せていた。ノーアウトのランナーを刺した後だった。「失投だった」(仲野)。ピッチャー山本(関大)に痛恨のサヨナラホームラン。マウンドでうなだれた。



好リリーフの村居。


ルーキーの仲野



関大に0勝2敗となり勝ち点を得ることができなかった同志社の優勝は絶望的となった。総力戦を落とした同志社ナイン。勝ち星が遠い。まずは1勝。次節は4月29日の京大戦と期間が空く。まだリーグ戦は終わっていない。気持ちを切り替え、勝利を取りに行く。(藤田大輝)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について