同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > 試合速報

馬術部の最近のブログ記事

関西学生賞典総合馬術大会

【馬術部】7月1日から2日にかけてに三木ホースランドパーク(兵庫県)にて行われた関西学生賞典総合馬術大会。縄田(スポ3)が総減点69.3で5位入賞、田中(経4)が総減点72.6で6位入賞、杉本(商3)が失権となった。

全関西学生馬術大会

【馬術部】5月3日から5日にかけて三木ホースランドパーク(兵庫県)にて行われた全関西学生馬術大会。同志社は合計得点77を獲得し優勝。創部初の関西3連覇を成し遂げた

関西学生馬術選手権大会

7/19〜20に三木ホースランドパーク(兵庫)で行われた関西学生馬術選手権大会。住岡は予選を通過し決勝まで上り詰め、見事優勝を成し遂げた

by 担当:藤田

全関西学生馬術大会

5月4日から6日に三木ホースランドパーク(兵庫県)でおこなわれた
第50回全関西学生馬術大会。関西優勝をはたした。

by 担当:藤田

12月14日・15日に馬事公苑(東京都)にて行われた第85回全日本学生馬術選手権大会兼第49回全日本学生馬術女子選手権大会。関西予選を勝ち上がった品川(商2)、磯(社4)が出場したが予選敗退となった。

 

 
詳細は以下の通り。

【全日本学生馬術選手権大会】
品川
1回戦敗退 総得点360
【全日本学生馬術女子選手権大会】

1回戦通過 総得点342.5
2回戦敗退 総得点348

 

 


by 担当:尾藤

11月5日・6日、馬事公苑(東京都)にて行われた第63回全日本学生章典総合馬術大会。西村主将(生命4)・サンレモシチー、品川(商2)・シーザクルーザー、住岡(スポ2)・エキゾーストノートの三人で挑んだ団体戦は、耐久審査での失権の影響もあり、総合9位。個人では唯一余力審査まで進んだ品川が15位に入った。

 

 
詳細は以下の通り。
 
【総合馬術競技 個人戦】
住岡・エキゾーストノート 総減点1000   順位なし
品川・シーザクルーザー 総減点80.8 個人15位
西村・サンレモシチー  総減点1000 順位なし
【総合馬術競技 団体戦】
総減点2080.8  第9位
 

 


by 担当:尾藤

11月2日・3日、馬事公苑(東京都)で行われた第63回全日本学生賞典障害飛越競技大会。同志社は団体総合5位で入賞を果たした。

 

 

詳細は以下の通り。

 

第1回目走行
高見(商2)・ヴェントリー 失権
吉川(商1)・ラタミールトーマ 減点8
住岡(スポ2)・ドリド 減点12
品川(商2)・トムボーラ減点16
総減点36
(各大学上位3選手の成績を選出)

第2回目走行
吉川・ラタミールトーマ 減点20
住岡・ドリド 減点16
品川・トムボーラ 減点4
総減点40
(各大学上位3選手の成績を選出)

〈個人成績〉
品川・トムボーラ 総減点20 個人18位
住岡・ドリド  総減点28 個人23位
吉川・ラタミールトーマ 総減点28 個人24位

〈団体成績〉
団体総減点 76       総合5位入賞

 

 

 

by 担当:尾藤

7月13日から15日にかけて三木ホースランドパーク(兵庫県)にて行われた第51回関西学生馬術選手権大会で品川(商2)が6位入賞、第49回関西学生馬術女子選手権大会で磯(社4)が6位入賞し、12月に行われる全日本学生馬術選手権大会の出場切符を手にした。


詳細は以下の通り。 

 

 

玉木(理工2)
予選敗退

住岡(スポ2)
準々決勝敗退

品川
6位入賞


女子馬術選手権大会
田井(心理4)
準々決勝敗退


6位入賞

 

 


by 担当:尾藤

7月14日、三木ホースランドパーク(兵庫県)にて行われた第48回関西学生賞典障害馬術大会。障害飛越競技で品川(商2)・トムボーラが減点4、TIME78.78で4位入賞となった。なお団体戦は関大に敗れ準優勝となった。

 

詳細は以下の通り。


障害飛越競技 個人戦

吉川(商1)・ ゾディアック 減点99 個人19位
高見(商2)・ヴェントリー 失権
吉川・ラタミールトーマ 減点12 個人10位
住岡(スポ2)・ドリド 減点13 個人11位
品川・Cセリカ 減点16 個人14位

障害飛越競技 団体戦

総減点 29 TIME251.95

準優勝

 

 

 

by 担当:尾藤

関西学生章典​総合馬術大会:馬術部

6月29日から30日にかけて三木ホースランドパーク(兵庫県)にて行われた第56回関西学生章典総合馬術大会。団体戦では、西村主将(生命4)・サンレモシチー、品川(商2)・シーザクルーザー、住岡(スポ2)・エキゾーストノートの三人で組んだ同志社チームが準優勝を果たした。

 

詳細は以下の通り。

  

【総合馬術競技 個人戦】
住岡・エキゾーストノート 総減点 81.8 個人8位
品川・シーザクルーザー 総減点82.6 個人9位
西村・サンレモシチー 総減点92.6 個人11位

 
【総合馬術競技 団体戦】
準優勝

 

 

 
by 担当:尾藤

月別 アーカイブ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について